キートスのログハウスキットを制作するフィンランドの旅情報

フィンランドの旅

フィンランドを訪れて感じたこと【フィンランドの旅19】

短期間のフィンランド旅なので理解したことはほんの一部だと思いますが、 フィンランドの街中はきれいだし、治安が良く、人々もまじめで誠実な印象です。 私達はエストニアに出かけた時、ヘルシンキには夜遅く戻りました。 ホテルに向かうトラムの中で地図を広げて降車場所の確認していると 年配の男性が声をかけてくれ、本来彼が降りる所ではないにもかかわらず 私達と一緒に降車して...
フィンランドの旅

屋内マーケット【フィンランドの旅18】

ヘルシンキでもそうでしたが、オウルでもマーケット広場の一角に建物があり、 屋内市場になっています。 野菜、肉、魚、ソーセージ&ハム、チーズ、パン、ケーキ、 ジャムやジュースなどの加工品、 テイクアウト用の惣菜、 帽子やハンドクラフトの店や カフェ、レストランもありました。 オウルの屋内マーケットではM氏おすすめの「ヤツメウナギの丸焼...
フィンランドの旅

マーケット広場のお店【フィンランドの旅17】

海外へ出かけた際に、訪れて一番楽しいのは「マーケット」かもしれません。 地域の食材や料理、生花、ハンドクラフト、そして観光客用のお土産まで売っていて、 見たことがないような食べ物や飲み物があったりするので、 それらに挑戦してみるのも楽しいものです。 ヘルシンキでもオウルでも街の中心部にマーケット広場があって たくさんのテントが立ち並び、 果物や野菜、ちょうど収穫シーズンだったベ...
フィンランドの旅

フィンランドのパブリックトイレ【フィンランドの旅16】

日本では、街中に出かけた時だけでなく郊外へ車で出かけても 大抵少し探せばトイレがあり、ほとんどが無料です。 でも海外に旅行に出かけた方ならすでに経験済みでしょうが、 海外では公共トイレの数が少なく、しかも多くは有料。 フィンランドでも観光客や不特定多数の人が利用する駅や街では 多くが有料トイレで、50セントから1ユーロです。 オーストリアではパブリックトイレに番人がいて ...
フィンランドの旅

ヘルシンキから近い外国・エストニア【フィンランドの旅15】

2015年11月、M氏と一緒にフィンランド・ログメーカーのPさんが日本を訪れました。 9月にオウルで彼女と会った際「次回はあなたが日本に来てね」と話していたのですが、 それが実現し、日本での再会をお互いに喜びました。 (と言ってもフィンランド人は私達がイメージする「オーバー表現の外国人」とは異なり、 彼女は静かな笑顔で喜びを表現してましたが・・・) 実は彼女、その時が初めての飛行...
フィンランドの旅

子供たちにもやさしい国 フィンランド【フィンランドの旅14】

ヨーロッパの列車、バス、トラムでは、 ベビーカーと一緒に乗車している若いファミリーをよくみかけます。 車内にはベビーカーや自転車、犬連れの人の優先コーナーがあるので 周囲に気兼ねすることもなくベビーカーそのままで乗車するのがあたりまえの光景です。 最近は日本でもそのまま乗れるようになってきましたが、 引け目を感じたり、周囲に理解をしてもらえなかったり・・・...
フィンランドの旅

セウラサーリ野外博物館 (SEURASAARI)【フィンランドの旅13】

ヘルシンキ中央駅からバスかトラムで乗り換えなく簡単に行ける「セウラサーリ野外博物館」 自然の中に多くの古い建物を保存しています。 前にも述べたように、 フィンランドではログ外壁に板を縦張りするなどして お金持ちは ログハウスに見えない建物を好んだので、 ここに保存されている建物も大きい住宅や教会などは 私達のログハウスイメージとはかなり外観が異なっています。...
フィンランドの旅

ダブテイルノッチとログハウスらしくない家【フィンランドの旅12】

オウル市郊外の湖畔に建築中のログハウス。 サウナハウスなので窓がありませんが、南側に湖が広がる絶景のロケーションです。 屋根は苔で覆われ、完成したら自然にとけ込む素敵なログハウスになることでしょう。 このログハウス、「ノッチ(ログ交差)」の出っ張りがないことにお気づきになりましたか? 写真では少しわかりにくいと思いますが、 普通のログハウスではノッチ外...
フィンランドの旅

古いログハウスのレストランで-オウル市内【フィンランドの旅11】

オウル市内では店舗として活用されている古いログハウスを何軒か見かけましたが、 M氏夫妻と一緒に訪れたレストランも古いログハウスで、なかなか趣があって素敵でした。 ログ壁の外側に板が縦張りしてあり、ノッチも囲われているので 外見はログハウスのように思えません。 でも内部に入ればノッチもあって、やはりログハウスです。 ...
フィンランドの旅

ラップランドのスープ料理【フィンランドの旅10】

ラッブランドにあるラミネートログ工場を訪ねた際、 工場スタッフと近くにある小さなお店で待ち合わせをして一緒にランチをいただきました。 その日のランチメニューは 「トナカイのスープ」、 ラップランドの薄いクラッカーのようなパンと自家製ビールがついています。 フィンランドではランチメニューに自家製ビールがよく出てきますが、ノンアルコールです。 スープは、ト...