2009-12

ログハウスで自然暮らし

2009年 ありがとうございました。

キートスのログハウスで 自然暮らしをされてきた みなさん、 今年 一年間、 大変 お世話になりました。 2010年も キートスログハウス周辺で感じる いろいろな自然を お伝えしていきたいと 思います。 みなさまも 素敵な 年末・年始を お迎えくださいね。 [ ログハウスで自然暮らし 09.12.30 ]
ログハウス徒然草

寒い中でのログハウス建築

年末・年始の 長期休暇を 利用してログハウスの セルフビルドに励まれる方もいらっしゃると 思います。 今年は 比較的 暖かい日が 多いようですが、 地域によっては 積雪が あるかもしれません。  寒い中で ログハウス建築をされるみなさん、 十分気つけて 作業を してくださいね。   [ ログハウス徒然草 09.12.29 ]
ログハウスで自然暮らし

ログハウス周辺の雪上で

雪が積もる冬は 自然界で生きる動物たちにとっては つらい時期だろう。 クマたちのように 冬眠すれば いいのかもしれないが リスや ウサギなど 多くの生き物たちが 雪の上を 食べ物を求めて 動きまわっている。 穏やかな日の朝、 ログハウス周辺の 雪上には たくさんの 足跡が・・・。 普段は 感じることができない 自然界の動物たち、 雪の時期だからこそ 彼らの存在を しっかり確認できる...
ログハウスで自然暮らし

ハクチョウたち、戻って来てね。

12月半ばの大雪で せっかく来ていた使者 ハクチョウの姿が 見えなくなった。 雪が積もると 田んぼでの餌探しが 大変になるから きっと 雪のない地域にでも 飛んで行ったのだろう。 「雪が消えると また戻ってくるのかな?」 「行った先が 居心地よければ 戻ってこないんじゃない?」 「いや、きっと 戻ってくるよ」 人々は 白鳥たちが また近くの田んぼに 戻ってくるのを 楽しみにしている...
ログハウス徒然草

赤鼻のトナカイたちがお待ちしています。

「 日本では この赤鼻の 『ルドルフ』 が  一番人気だよね?」 と、 フィンランドのログハウスメーカーから プレゼントされた トナカイのぬいぐるみ。 そういえば、 赤鼻のルドルフ以外は サンタのソリをひく トナカイの名前を 知らないな・・・。 まぁ トナカイたちの名前のことは ともかく、 11月以降 このルドルフくんたちが キートスのオフィスで 来客者を お迎えしている。 クリスマ...
フィンランド見聞記

フィンランドのクリスマスは家族で

「クリスマスの25日、朝6時に 夫婦で 教会に行きます。 前夜 遅くまで起きていた子供たちは まだベッドの中、 ログハウスで お留守番です。 私達は 熱心なキリスト教信者 というわけではありませんが 教会で その日歌われる クリスマス聖歌を聴くと クリスマスを とても実感できるのです。 もちろん クリスマスの過ごし方は それぞれの家によって 伝統が異なりますが、 たいていは ...
フィンランド見聞記

フィンランドのクリスマスイブ

「わが家では 12月23日に クリスマスツリーにする木を切り、 24日の朝に 飾りつけをします。 フィンランドでは クリスマスツリーの飾りつけを 24日にするのが一般的です。 正午には、 歴史ある街Turkuから 毎年恒例で行われる クリスマス平和宣言のテレビ中継を みんなで 観ます。 それからクリスマスサウナ。 サウナに入れば 体も清められますし、 体は暖かく 外出...
ログハウス徒然草

雪の中のログハウス建築

写真は ログハウスの 建築現場です。 雪かきをしながら、一生懸命 ログハウスを 建築しています。 新潟県新発田市の お寺にある社務所で 来年2月17日に 開催される 「御開帳」祭りに 間に合わせなければいけません。 この雪の中 檀家さんも 駆けつけてくれました。 皆さん 結構お年だと思いますが 元気に作業しています。 しかし、今年は呆れるくらい...
ログハウスで自然暮らし

冬至・キャンドルナイト

ログハウスでの夜、 キャンドルを灯して 過ごすことがある。 それだけで 普段の生活とは 異なる空間が生まれる。 いつもの照明を落としてキャンドルの灯りだけにすると そのやわらかな灯りに 心が落ち着き、 ...
フィンランド見聞記

フィンランドのクリスマスツリー

フィンランドでは 家の中に クリスマスツリーを飾るのは 12月24日なのです。 でも 12月に入ると 屋外の木々に電飾をつけて クリスマスツリーにし、長い夜を 彩ります。 にぎやかな電飾に慣れている日本人にとっては ちょっと寂しい感じもしますが ...