2014-03

ログハウス徒然草

先週、山梨県へ荷降ろしサポートに出かけました。

キートスの「ログハウス徒然草」ページに 度々登場する 山梨県の八ヶ岳山麓は 多くのキートスセルフビルダーさんたちが活躍する 有数の別荘エリアで、 先週(3/27)も ログキットの荷降ろしサポートに 出かけてきました。 ここは寒冷地なので 基礎は当初から 雪がとける4月に・・・ということで、基礎工事は これからです。 近くの知り合いの場所を借りて コン...
ログハウス徒然草

薪ストーブの季節はもうすぐ終わりそうです。

今週、秋田のログハウスオーナーさんが 近況報告を 送ってくださいました。 昨年の秋に 雑誌 『夢の丸太小屋に暮す』 編集部の依頼で 取材をお願いしました。 その際、 まだ残っていた仕上げ作業(セルフビルド)を 急ピッチでされたりで 少し大変だったようですが、 今は 落ち着いたログライフを 過ごされているようです。 「 ログライフ...
ログハウス徒然草

昨年末にログハウスに引越しました。

「こんにちは、ご無沙汰しております。」 先週 北海道のログオーナーさんから メールと写真が届きました。 ご主人(外国の方)の夢だった ” ログハウスのセルフビルド ” しかしログキット到着後、 ご主人の家族がセルフビルドに猛反対、一時は ログハウス建築そのものも どうなるかと・・・ 遠く離れた異国の地(日本)で 息子が騙されているのではないかと ご家族が心配...
ログハウス徒然草

雪の季節もやっと終わりそうです・・・

春分の日”の連休は 強い風が吹いて 気温も低めの所が多かったようですが、 青空の下では 気温も上がり 戸外でも過ごしやすくなりました。 3月も もうすぐ終わり、 もう大雪の心配は なさそうです。 それにしても この冬は 太平洋側で 随分雪が降りました。 山梨の八ヶ岳山麓エリアに建つ キートスのセルフビルダーさんのログハウスでも ...
ログハウス徒然草

雪の日に・・・ログハウス部材到着(新潟県)

先週末の新潟県内は 3月も中旬というのに 雪のちらつく天気。 春は名のみ・・・の荷降ろし作業に ちょっと お手伝いに行ってきました。 オーナーさんと その友人のお二人、 雨具を着て 足元は長靴 という完全武装で コンテナから 荷物を引き出します。 こういう悪天で 足元の悪いときは 特に注意が必要。 写真の大きい梱包、 ひ...
ログハウス徒然草

静岡県の伊豆半島にもサポートに行ってきました。

先週の火曜日、 岐阜県でのログキット納品の後 そのまま 静岡県へ 移動しました。 移動中は青空が広がって 富士山もくっきり、 快適でした。 当日はあいにく 伊豆地方に大雨警報が出て、 日中に200mmとの大雨予報でしたが 幸い午前は 中雨程度で、 中止や避難が必要なほどの雨にはならず、 何とか午前中に 荷降ろしができました。 ...
お知らせ

ログハウスキットの価格表示について

・・・ 2014年3月から キット価格が 変更になりました ・・・以前からお知らせしていましたが、 3月よりキット価格が値上げになりました。まだ 一部のキットについて フィンランドから新価格の連絡がきていないためHSシリーズなど 一部キット価格の表示が 旧価格になっているものもあります。ご迷惑をおかけいたしておりますが、もし 具体的にご検討されているキットがございましたらお電話などで 新価格につい...
ログハウス徒然草

先週、岐阜県に納品サポートに出かけました。

先週の火曜日 (3/11)、 岐阜県中津川で ログ部材キットの納品がありました。 納品サポートをするため、 新潟から現地へ移動した前日(3/10)は 春なのに 日本海側は大雪で 新潟と長野の県境は 猛吹雪に見舞われ、 視界10m位の中 岐阜県に向けて ひた走りました。 当日は 朝の気温がとても低く 車の窓が氷結していましたが、 徐々にあたたかくなって...
ログハウス徒然草

「やるじゃん、奥様!」 茨城県でのログハウスセルフビルド!

茨城県内で 週末のログハウスセルフビルドをされているご夫妻から 写真を送っていただきました。 今年は週末になると 天候が崩れたり 大雪になったりで、 セルフビルド中の方は 随分泣かされていますが それでも ご夫妻でコツコツと 作業を進めていらっしゃいます。 「充実した週末を 過ごしております。 足場を上ったり降りた...
ログハウスで自然暮らし

大震災から3年、やっと復興ログ住宅が建てられます (福島県南相馬)

いつも 「ログハウスで自然暮らし」 をおすすめしている キートスですが、時には 自然と共に暮らすことの怖さ、 難しさを 感じることがあります。3年前の東日本大震災も そうでした。地震後、 フィンランド側から 「大丈夫? 無事なの?」 と 心配そうなメールが届いたことを 覚えています。フィンランド側のM氏は 日本が大好きで、 日本人のことも よく理解しています。「あんな地震の多い所に どうして住むの...