新潟案内

史跡

小俣宿 (村上市)

出羽海道の宿場町だった『 小俣宿 』 かつては 出羽街道の宿場町として出羽三山への参拝者など 多くの人々が訪れたそうです。明治維新の戊辰戦争の際、出羽街道を北上した官軍との激戦地の1つとなり、集落のほとんどが焼き払われ、現在の町並みは その後に再建された明治時代の古民家が 軒を連ねています。残念ながら 空き家になってしまった家もあるようですが、『日本国』登山のついでに ゆっくり歩きながら...
新潟案内

標高555mの山 『日本国』

新潟と山形の県境にある山 『 日本国 』 新潟と山形の県境にある 標高555mの山。『 日本国 』という山があることを知ると やっぱり一度は登ってみたいと思うものです。名前の由来は、「昔、この山で捕まえた鷹を将軍に献上すると、将軍はその鷹を喜び、山の名前を『日本国』にした」など、諸説あるようです。山頂にある小屋のスタンプを押し、下山後に申請すれば 登山証明も発行してくれます。整備されてい...
新潟案内

「そらの広場」 日報メディアシップの展望フロア

「 そらの広場 ( 日報メディアシップ ) 」 新潟市 新潟市内にある 新潟日報の社屋ビル 「日報メディアシップ」、ビルの20階は 展望フロアで 誰でも入ることができます。 すぐそばに高い建物がないので 360度の大展望。 新潟市内の街並、角田山も弥彦山、信濃川、日本海、そして 佐渡。 キートスの事務所を訪れた後、 もし時間があれば 「そらの広場」を訪ねて鳥の目になって 新潟を...
史跡

愛宕神社 ( 村松公園 ) 五泉市

「 愛宕神社 ( 村松公園 ) 」 五泉市 春の桜で有名な村松公園は、村松公園は、明治39年10月に 日露戦役記念として造られました。 公園にある 遊歩道を上がっていくと 山頂付近に 愛宕神社があります。 標高はあまりないので 軽いハイキング感覚で登れるし、近くの展望台からの景色も楽しめるので 気軽に遊歩道を登って来る人も多いです。 ちょっと時間ができたときなどにおすすめの...
新潟案内

五十公野公園のあやめまつり-新潟県新発田市

「 五十公野公園のあやめまつり 」 新潟県新発田市にある 「五十公野(いじみの)公園」では1.8ヘクタールのあやめ園に 約300品種 60万本のアヤメ (ハナショウブ)が 植えられており、毎年6月に 「あやめまつり」 が開催されます。 丘陵地帯にある五十公野公園内には 様々なスポーツ施設、芝生広場やハイキングコースもあり、 散策も兼ねて 公園を訪れるのが良いかもしれません。 五十...
新潟案内

新潟市 ・ 朱鷺メッセ

「 朱鷺メッセ (トキメッセ) 」 新潟市内の中央部、信濃川河口付近にある コンベンションセンター& ホテル 「朱鷺メッセ」。ここでは 国際会議や成人式、各種イベントが開催される。 ホテルや美術館もあるので 休日には 家族連れなども多い。 最上部には展望ルームがあり、眼下に信濃川、 佐渡汽船ターミナル、市内の街並み、遠くには 新潟平野を囲む山々、 そして 海の向こうには 佐渡島も見える。新...
新潟案内

新潟市 ・ 萬代橋 (万代橋)

「 萬代橋 (ばんだいばし)」 信濃川下流にかかる鉄筋コンクリート造の橋で、現在架かっているのは 昭和4年にできたものです。 昭和39年に起きた 新潟地震でも持ちこたえたことで有名で、 その美しさと強固さで 新潟市のシンボルともなっています。 市内中心部にあるので、新潟市にお越しの際はぜひ この萬代橋を眺め、 写真におさめてください。 [ キートスの新潟案内 ]Kiito...
新潟案内

信濃川河口付近 「やすらぎ堤」

「 新潟やすらぎ堤 」 信濃川の洪水対策で築かれた堤防ですが、高い壁のような堤防を設置するのではなく勾配の緩やかな堤防と幅広い河川敷で構成され、河川敷は緑地として 人々が憩える親水型堤防です。緩やかな堤防(やすらぎ堤)の上には 植栽やベンチなどが設置され、サイクリング、ジョギング、散歩、春の花見など 市民に親しまれています。 川沿いには 新潟市民芸術文化会館などの施設もあり、市民にとって...
新潟案内

新潟市・古町モール

「 新潟ふるまちモール」 新潟市の中心部の繁華街は 大きく分けて、 新潟駅前、 古町、 万代シティー の3ヶ所あります。そのなかで 古町は古くからの商店街として栄え、 「ふるまちモール」としてアーケード街になっています。三越百貨店もあり、昔はとてもにぎわっていましたが、最近は 車社会の影響を受けて買い物客も少なめで 少し寂しい感じもします。 でも こういう昔からの商店街には 老舗の本店があ...
新潟案内

角田岬灯台見学

角田岬灯台の見学 新潟市にある角田山へ登るルートで 多分一番人気は 海からスタートする 「灯台コース」、 砂浜から階段を昇って 灯台脇を通り抜けて 山へ登っていきます。 いつもは 外から眺めるだけの灯台、 年に一度 内部見学ができるようです。 (大抵 7月最終日曜日とのこと) オープンデーは 灯台は万国旗で飾られ、海上保安官が 説明などをしてくれます。 内部の細い螺旋階段と梯子を昇...