小俣宿 (村上市)

 

出羽海道の宿場町だった『 小俣宿 』

 

 

 

 

かつては 出羽街道の宿場町として

出羽三山への参拝者など 多くの人々が訪れたそうです。

 

明治維新の戊辰戦争の際、出羽街道を北上した官軍との激戦地の1つとなり、

集落のほとんどが焼き払われ、

現在の町並みは その後に再建された明治時代の古民家が 軒を連ねています。

 

残念ながら 空き家になってしまった家もあるようですが、

『日本国』登山のついでに ゆっくり歩きながら

昔の宿場町を思い浮かべるのも 趣がありそうです。

 

 

 


[ キートスの新潟案内 ]      Kiitos Log House

史跡新潟案内
ログハウスのキートス|ログハウスのセルフビルドを応援しています