2009-11

ログハウスで自然暮らし

心にゆとりを与えるログハウスで

先週の土曜日、冷たい雨が 降っていた。 庭には モミジの落ち葉が 名残の赤を 輝かせていた。 11月は 今日で終わり、今年も 残り 1ヶ月 になった。 紅葉季節が あっという間だったように、 一年も あっという間に 過ぎていく気がする。 ログハウスで 田舎暮らしを 始めた人々から、 「都会暮らしでは 忘れていた 季節の変化を 感じるようになった」 という話を よく聞く。 「都会...
ログハウス徒然草

地鎮祭がとりおこなわれました。

平成 21年 11月 24日 お日柄も良く、 最近では珍しい 晴天に恵まれて ログハウス建築現場の 「千光寺」で 地鎮祭が とりおこなわれました。 この日は 神主さんではなく このお寺の住職さんが 地鎮祭を担当していました。 この地区ではよくあることだそうです。 さて、ログハウスキットの到着までには まだまだ 日にちが ありますが、 急いで 基礎工事を 完了しておかなければなりません...
ログハウス徒然草

ログハウス生活の幸せ

「何とか 写真も送れるように なりました。 これも一重に キートスさんのお陰で、 感謝しております。 セルフビルドに 関係のないことまで 面倒見させ、 大変なユーザーで 申し訳ありませんが これも運命と諦めて 今後も 面倒見ていただくことを お願いいたします。 11月末には 山のログハウスに 向かいます。 今回は 待望の囲炉裏作成で、 今から ワクワクしています。 囲炉裏で手打ちのそばを...
ログハウスで自然暮らし

新蕎麦はログハウス工房で

新蕎麦の季節が やってきた。 若い頃には よくわからなかった 蕎麦のおいしさが 年令とともに あるいは 蕎麦を食べるうちに 少しずつ わかるようになって いつの間にか 好きな食べもの になった。 1...
ログハウス徒然草

社務所の取り壊し・・・

  12月よりログハウス建築が始まる 新潟県新発田市にある 「千光寺 ・集会所」 の建替え工事、 今まで使っていた集会所(社務所兼用)の建物は、 築後30年余り経過して かなり老朽化していました。 確かに 壁には断熱材もなくて 夏暑く 冬寒い、 ドア類も 開け閉めが スムーズではない、 時々は 雨漏りもしたらしいし、 床も斜めになっていて 確かに老朽化していました。 しかし 30...
ログハウスで自然暮らし

干し柿づくり

田舎道を走っていると 実がいっぱい なっているのに 誰も収穫しない 柿の木が たくさん目に付く。 放置された 柿の木を目当てに 熊が山から下りてきて 問題にもなっている。 昔は たくさん採れた柿は...
ログハウス徒然草

ミカンが届いた日

ピンポン! 「知人から 預かってきました~」 近所に住んでいるという男の方が ミカンを届けてくださった。 ミカンの贈り主は、 同じ新潟県内といっても 富山県との県境の町にお住まいの セルフビルダーご夫妻。 「ログハウスのすぐ裏で育てている ミカンの木が大きくなって 最近 実をつけるようになったのですよ。」 ミカンのお礼に電話すると、 受話器の向こうから とても懐かしい声が 聞こえてきた...
ログハウスで自然暮らし

林の向こうの風景

冷たい風で 木に残っていた葉っぱも そのほとんどが 散ってしまった。 晩秋から 冬へ移り変わっていくときは なぜか 寂しさを感じてしまう。 今まで カラフルな葉で 飾られていた林が 灰色一色に なってしまうから だろうか?...
ログハウス徒然草

お寺の社務所としてのログハウス

新潟県 新発田市郊外にある  「千光寺」  というお寺の 集会所(社務所)が 老朽化したので、 新たにログハウスで建て直す事になりました。 会員さんのご寄進で 建てるので、 予算は多くありません。 そこで キートスのスタッフ指導のもと 檀家さんの皆さんで 躯体工事(ログ組みから屋根下地まで)を 施工する決心をされました。 でも 檀家さんの大半は すでに かなりのお年です...
ログハウス徒然草

ログハウス住宅のリビングで

今年 新しくログハウスを建てて 住み始めた ご家族 ・・・ リビングでは 息子さんが 野球バットを振って 遊んでいました。 その広いリビングには ブランコもあって、 ここで過ごす家族の時間を とても大切に 考えているようです。 家族構成によって ログハウスの間取りが変わるのは 当然ですが、 生活のメインとなるリビングを どのような空間にしたいのか、 そこで 家族の各々が...