2011-12

ログハウスで自然暮らし

年末に向けて忙しい日々をおくっています・・・

クリスマスも終わって、 いよいよ 年末です。 キートスの事務所でも 毎年この時期は バタバタと忙しく 特に今年は 年末ギリギリまで 施工仕事が入っていたり ログキットの打ち合わせや キットの注文が集中したり 年内に日本到着予定だった ログキットのコンテナが どうやら遅れて 年明けの入港になりそうだったり・・・と フィンランドとの打ち合わせ、 お客様とのスケジュール調整、 通関手続き&納品のための輸送手配などで ホームページ更新のための時間がとれません。 ごめんなさい。 でもこんな忙しい時だからこそ、休日は ログハウスの窓から雪景色を眺めて ゆったりと過ごしたいものです。...
ログハウス徒然草

ログハウスに囲炉裏がつきました。

「 ログハウスに マッチしないかもしれませんが・・・」 少し遠慮ぎみなコメントとともに 写真を送ってくださったのは 据え置き式囲炉裏を 自作されたセルフビルダーさん。 すでに ログハウス一軒を セルフビルドされたあとなので 囲炉裏作りは そんなに難しくはなかったかもしれませんが、 きっと 細かい収めなどで 苦労する部分もあったでしょうね。 でも とても手作りとは思えない きれいな仕上がり! ご依頼を受けて 先日お送りした 薪ストーブ用アクセサリー(ファイヤーセット&ウッドラック)も 設置されて おしゃれで とってもいい雰囲気のログハウスになりましたね。 ログハウス...
クリスマス

クリスマスになると見かける妖精 “Tonttu” (トントゥ)

フィンランドでは 森の中や 動物小屋、 サウナの中にも "Tonttu (トントゥ)"  という妖精が 住んでいます。 なかには人間が好きで 家の中に住みついてしまうのもいて 家人が幸せに暮らせるように Tonttuは 火事や病気から 守ってくれているそうです。 いたずら好きなのもいて、 夜中に家の中にあるお菓子を食べたり たまに 人間を驚かせたり・・・ 日本でいえば "座敷童子" みたいな感じでしょうか。 Tonttuは 普段見かけることはありませんが、 クリスマスの頃になると サンタさんのお手伝いをするために働...
クリスマス

フィンランドではホワイトクリスマス・・・?

「今週の初めに 出張先のロシアから戻ってきたら、フィンランドの空港に停めてあった車に 雪が積もっていたよ。 留守中に雪が降ったんだ。 たくさんではないけれど、この感じだと ホワイトクリスマスが期待できそうだね。」 フィンランドのログハウス工場から こんなメールが届きました。 これで サンタクロースもソリの心配をしなくても よさそうです。 フィンランドのクリスマスは ”家族揃って過ごす大切な日” なので、24日午後には お店も閉まります。 遠く離れて暮らす子供たちも 両親の家に帰ってきて、一緒にクリスマスを過ごします。 日本の ”お正月...
ログハウス徒然草

雪の中でのログハウス作業は気をつけて・・・

今年は 少し暖冬傾向にあるのか 11月後半になっても 暖かい日も多くありました。 積雪地域に ログハウスをセルフビルド中のオーナーさんたちも 「いつ雪が降るのか」 と 心配しつつ、 本来なら とっくに雪の下に埋もれていても おかしくない現場で 「雪が降る前に できるだけ作業を進めたい」 と 頑張っていらっしゃいました。 ちっとも寒くならず、 ちっとも雪が降る気配がなく、 なんとなく 「まだまだ大丈夫」 なんて 気がしていたところに 突然 雪の季節が到来しました。 雪がちっとも降らないので、 「屋根仕上げ作業も 自分たちでなんとか やってみます」 と 屋根仕上げのセルフビル...
クリスマス

12月はクリスマス月

クリスマス。 それは フィンランドの人々にとって 一年で もっとも大切な日です。 フィンランドでは 12月を「 Joulukuu  (ヨウルクー)  」と呼び、Jouru は クリスマス、Kuu は 月、 つまり12月は「クリスマスの月」ということになります。 12月には 6日の「独立記念日」、13日の「聖ルシア祭」と他にも大切なイベントがありますが、 クリスマスが やはり一番大きなイベントで、 11月下旬から たっぷり一ヶ月をかけて クリスマスの準備をします。 家族で森にクリスマスツリーを探しに行き、 家に持って帰って...
ログハウスで自然暮らし

ログハウスキット納品から一年が経ちました。

「ご無沙汰しております! こちらでは 例年に比べると まだ暖かい日が続いております。  これからが本格的な寒さを迎えますが、 特に日本海側は厳しくなるので 大変ですね。」 と メールをくださったのては 和歌山県でログハウスをセルフビルドされたオーナーさん。 昨年の12月に ログキットを納品し、 それから 一年が経ちました。 ログハウスはすでに完成し、 今は 木工や庭造りetc 自然での暮らしを 楽しんでいらっしゃいます。 「 ログ建築後 初めての冬を迎え、 なるべく週末と休日は ログハウスで生活するようにしています。  ログハウスの中に居ると...
ログハウスで自然暮らし

新潟は雪、 でもフィンランドは雨・・・・

新潟市内にある キートス事務所前の今朝のようすです。 今年初めての積雪になりました。 フィンランドでも例年よりかなの遅れて 初積雪になったということを 少し前にこのコーナーで紹介しましたが、 どうやら その後 雪がほとんど降っていないようです。 ここ数年、 この時期になると必ず 「雪がない・・・」 というメールが フィンランド工場から届きます。 「クリスマスは もうすぐそこまできているのに、 雪が降らずに 雨になってしまうんだ」 と 昨日のメールにもありました。 重い雪に悩まされている新潟の人間にとっては 「雪がないなんて、うらやましい」 と思ってしまいますが、 気温の低いフィ...
ログハウス徒然草

修行僧のようなログ組み現場

新潟市近郊のログハウス建築現場です。 私たちキートスは 過去10数年間で 急勾配の傾斜地や 密集した住宅地、 2mの積雪の中でのログ組み、 とんでもなく高い基礎上での作業など いろいろ困難な(まるで修行僧の荒行のような) ログハウス建築作業を 何回も経験してきました。 他の業者さんが 「ここでは無理!」 といわれた建築地でも 「根性次第でどうにかなる」 と かえって闘志を燃やして 挑戦し、 完成させてきました。 今回のも かなり建築条件が 過酷な現場です。 建築地まで30~40mある搬入道路は 小型車しか通行できず、 重機が近寄ることが出来ません。 ...
ログハウス徒然草

船の入港が遅れています・・・

「ヨーロッパの積替港で 水位低下による出港遅延、 寄港地の混雑 及び スケジュール調整で  船の日本到着に 遅延が生じております 」  と、 昨日 海運業者から 連絡が入りました。 この時期は ただでさえ 天候などの影響を受けて 船が遅れることがよくあるのに 今回は ヨーロッパを出る段階で すでに遅れが生じていたようです。 フィンランド工場では できるだけオーナーさんたちの希望にそえるよう 出荷スケジュールを組み、 スケジュールに従って ログハウス設計、 ログ材のカット、 板材などの調達、 梱包、 そして 出荷されます。 フィンランド工場を予定通...