古いログハウスレストランでの食事-オウル市内

オウル市内では 店舗として活用されている 古いログハウスを 何軒か見かけましたが

M氏夫妻と一緒に訪れたレストランも 古いログハウスで、 なかなか趣があって素敵でした。

ログ壁の外側には 板が縦張りしてあって ノッチも囲われているので 外見はログハウスのように思えませんが、

内部に入れば ノッチもあって やはりログハウスです。

地元の人で賑わうフィンランドのレストランでは 出てくる料理の量が多くて 食べきれません。

この日 私が選んだのは 前菜として 「トナカイのハム」  (下左写真)、

メインは 「量が少ない料理」 ということで薦められた 「サーモンのサマープレート」 で

 

ソテーされたサーモンが5切れと その下にカットされた野菜サラダ山盛りです。 (下右写真)

 

 

これが 「少なめの一人前」 ですから、フィンランドのレストランでは お腹がいっぱいになって デザートまで辿り着けません。

フィンランドのデザート類は美味しいらしいので 残念でしたが、コーヒーさえ入る隙間がない程満腹になるので

デザートまで食べたい方は 前菜なしで 「メイン+デザート」 にするのが良さそうです。

 

たくさん食べるフィンランドの人々、確かに ある程度の年齢になると みなさん体格は良いみたいです (笑)。

冬は マイナス20度以下にもなるわけですから、たくさん食べて 皮下脂肪も蓄えて 冬に備える必要があるのでしょう。

 

いつもこんな量を食べているフィンランド人、日本に来た際 食事をしてもいつも空腹のまま・・・かもしれませんね。

 

「12.タブテイルノッチとログハウスらしくない家」へ進む「 フィンランドの旅報告TOP 」へ戻る

 

 


[ フィンランド見聞記 15.10.26 ] Kiitos Log House