ラップランドのスープ料理

 

ラッブランドにある ラミネートログ工場を訪ねた際、

工場スタッフと 近くにある小さなお店で待ち合わせをして 一緒にランチをいただきました。

 

その日のランチメニューは 「トナカイのスープ」、

ラップランドの薄いクラッカーのようなパンと

自家製ビールがついています。

 

フィンランドでは ランチメニューに自家製ビールがよく出てきますが、 ノンアルコールです。

クリーミーなスープに トナカイのスライス肉と一緒に

ジャガイモ & タマネギ が煮込まれていて、

とても おいしいスープでした。

以前 facebookで少し触れた 日本人に意外に 有名だった 「サーモンスープ」 も ラップランドの料理のようです。

フィンランド伝統料理レストランには メニューに 「サーモンスープ」 がありませんでしたが、

後日 ヘルシンキのマーケットに出ていた 「ラップランドフード」の屋台で サーモンスープを食べることができました。

1杯 8ユーロで、サーモンスープの他に ラップランドのパンと コーヒーが付いています。

 

基本になるスープの作り方は トナカイスープもサーモンスープも 同じような感じです。

メイン具材が 「トナカイ」 か あるいは 「サーモン」 かの違いですが どちらも とてもおいしく、日本人にも好まれる料理だと思います。

 

 

 

「11.古いログハウスレストランでの食事-オウル市内」へ進む「 フィンランドの旅報告TOP 」へ戻る

 

 


[ フィンランド見聞記 15.10.20 ] Kiitos Log House