フィンランドのパブリックトイレ

日本では 街中に出かけた時だけでなく 郊外へ車で出かけても 大抵少し探せば トイレがあり、ほとんどが 無料です。

でも 海外に旅行に出かけた方なら すでに経験済みでしょうが、 海外では 公共トイレの数が少なく しかも 多くは有料、

フィンランドでも 観光客や不特定多数の人が利用する駅や街では 多くが有料トイレで、50セントから 1ユーロです。

オーストリアでは パブリックトイレに番人がいて

50セントを徴収しているところが 多かったですが、

フィンランドでは トイレ入口で コインを入れるとドアが開くようになっています。

※ 左写真は 公園のトイレ。

( ドアの横に コイン投入口があります )

なかには 「クレジットカードを使うなら***へ電話」という案内があるトイレもあって、さすが ハイテク&カード社会のフィンランドです。

デパートや 観光地などのトイレも 有料であることがほとんどなので、

日本からフィンランドに到着したら、 まず トイレ用コインの確保が必要ですね。

 

ヘルシンキ駅では 地下にあるコインロッカー付近に両替機があるので、 そういうところで コインを入手しておくと 安心です。

(ちなみに エストニアのマクドナルドでは 商品レシートに記載されている日替わりの暗証番号入力で トイレドアが開くシステムでした)

さて、 フィンランドでは 多くのトイレに シャワーがついていました。

 

使い方がよくわからないので 見るだけにしておきましたが 、

日本のシャワートイレにように使うのか

あるいは 万一汚した際に 掃除するのに使うのか、、、

 

一度 空港のトイレを利用した際、ある個室の便器がビショビショでした。

多分 使い方がよくわからない外国人が 使ってみたのでしょう。

勇気ありますね ・・・ 笑


[ フィンランド見聞記 16.02.22 ] Kiitos Log House