マーケット広場のお店

海外へ出かけた際に 訪れてみて 一番楽しいのは 「マーケット」 かもしれません。

 

地域の食材や料理、生花、 ハンドクラフト、そして観光客用のお土産まで 売っていて、

見たことがないような食べ物や飲み物があったりするので、それらに挑戦してみるのも 楽しいものです。

ヘルシンキでも オウルでも 街の中心部にマーケット広場があって たくさんのテントが立ち並び、

果物や野菜、ちょうど収穫シーズンだった ベリー類が たくさん売られていました。

その後訪れた オーストリア・ウィーンのマーケットでは 店を出している人が 移民か出稼ぎの人が多いようで、「これ、おいしいよ」 という感じで 結構声をかけて 商売も一生懸命な感じもありましたが、

フィンランドでは 呼びかけはまったく無しで、なんとなく 淡々としています。 これも 国民性でしょうか。

マーケットで売られている野菜や果物は 季節の物が中心のようで、種類は多くありませんでした。

M氏いわく 「スーパーの生鮮コーナーには 南ヨーロッパ等から仕入れた もっと多くの野菜や果物が並んでいるよ」

オウルでは デパートやスーパーに行っておきながら 生鮮食料品コーナーには行きませんでした。

スーパーの食材コーナーを見れば 人々の日常生活が垣間見れるので、行っておくべきでしたね。 残念!

さて 話は戻って 街のマーケット広場、

訪れる人達には 観光客も多いので

ハンドクラフトや手編みの帽子や手袋、

フィンランドのお土産も 売っています。

マリメッコなどの有名ブランド品をフィンランド土産にするのも 一案ですが、

マーケットで手作り品を買うのも 良さそうです。


[ フィンランド見聞記 16.03.30 ] Kiitos Log House