少しだけ、「オウル」について。

 

今日は ちょっとだけ ログハウスメーカーのある

「オウル市」 の紹介。

フィンランドは 右の絵のように

「ドレスを着た女性」 にも例えられます。

 

首都ヘルシンキがあるのは ドレスの裾あたりで

オウル市は 女性のウェストあたりに位置します。

 

「エアーギター世界選手権」の開催地としても知られていますが、

ハイテク産業が盛んで 教育にも力を入れているので

オウル大学には 日本人も多く留学しています。

(ちなみに 宮城県仙台市とオウル市は 国際産業振興協定を結び、交流があります。)

 

 

オウルは タールの生産で栄えた街でもあり、

お土産として タールの石鹸なども売っています。

私達は 初日訪れたフィンランド伝統料理のレストランで

タールが入ったパンを いただきました。

味があって おいしかったですが、

翌日ログ会社のオフィスで 積算担当のPさんに その話をすると

「え~?」 と言って 顔をしかめてましたから

どうやら今は あまりポピュラーでは なさそうです。 (笑)

 

オウルの街の写真は 今まで何回か このコーナーで紹介したことがありますが、

日本人からすると オウルの街全体が小さく、 繁華街であっても なんとなく寂しい気がします。

2015年5月 「メーデー」       2013年12月 「クリスマスシーズン」

 

フィンランドの大都会・ヘルシンキでさえ 端から端まで歩いて行けそうな程度ですから、

オウルは フィンランドで 4~6番目の大きさの都市、やっぱり こじんまりしています。

 

古い建物を大切に使っているので 2階建て程度の木造建築物が目につきますが、

もちろん高いビルもあって 夕方には たくさんの若者も みかけました。

( 左写真: 道路を石畳に変える工事中。 右写真: 2013年 「クリスマスシーズン」で紹介した同じ場所)

日本人からすれば なんとなく田舎街に見えるオウル市ですが、ハイテクの街でもあり

フィンランドの中でも 急成長する都市として 注目を浴びているようです。

 

来週は、オウルで見たり訪れたりした古いログハウスや ログメーカー訪問などを紹介をしようと思います。

 

「7.キートスログキットを担当するフィンランドの会社で」へ進む「 フィンランドの旅報告TOP 」へ戻る

 


[ フィンランド見聞記 15.10.09 ] Kiitos Log House