じっと静かにしていれば、野生動物に会えるかも。

 

 

フィンランドで キートスのログキットを加工している ログハウス会社代表者のM氏も言っていましたが、

「日本人は 自然とともに 暮している」 ということを 時々外国の方から言われます。

多分 「先進国の中では」 ということでしょうが、私達は 「自然とともに暮している」 という実感はありませんね。

 

日本人は昔から 森林を大切にしたり、農耕民族なので 必要以上に野生動物を狩ることなく うまく共存してきましたが

経済が発展して 都市部が増え、 いつのまにか 自然が私達の暮らしから遠い存在に なってしまいました。

 

ただ、ログハウスを好きな方の多くは 本来 自然志向なのでしょうし、

ログハウスを建てたことで 改めて自然と向き合うようになった方も 少なくないでしょう。

 

自然の木々、花、虫や鳥、 そして 動物 ・・・・

普段は その存在に気づかない野生動物も 意外に すぐそばで暮しています。

 

冬に 雪の上に残された 動物の足跡で

その存在を知ることはありますが、

実際に その姿を見ることは ほとんどありません。

 

でも 森の中で静かに じっとしていれば

人間の存在に 気づかずに

向こうから近づいてくることが あります。

 

みなさんのログハウスでも

そういう 野生動物との遭遇があると いいですね。

 

 


[ ログハウスで自然暮らし 15.09.03 ]     Kiitos Log House