「 黒い蛇!」

 

7月になったとはいえ 雨が降れば 涼しい日も多く、山間部では 朝晩は涼しいを通り越して 肌寒かったりして

「朝晩は ストーブのお世話になった」 という話も 届いています。

 

恒温動物である人間にとって この程度の寒さは、 まぁ ガマンするか 少し着込むかすれば良いわけですが、

体温が外気温の影響を受ける変温動物は 気温の低下とともに 体温が下がってしまうと 動けなくなります。

 

だから この時期、 雨上がりの晴れ間とか 朝太陽が昇って 少し暖かくなってくると 

道路(アルファルト)とか 岩の上で 日向ぼっこしているヘビやトカゲの姿を みかけることがあります。

車に轢かれてしまったヘビを見ることもあって 「どうして逃げなかったんだろう」 と不思議に思いますが、

彼らは 動きたくても 逃げたくても、体を動かすことができずに 惹かれてしまったのでしょう。 かわいそうですね。

  

岐阜県のセルフビルダーさんが 出あったヘビも 日向ぼっこ中だったのでしょうか。

やさしいライダーさんだったから 惹かれずに済んで、 ヘビさん、よかったですね~♪

 

 ---------------------------------------------

  

 

「バイクで帰宅中、あまり好きでない方も多いと思いますが、道端に 真っ黒な蛇がいたので 写真に撮りました。

 見たことのある方もみえると思いますが、私は 生まれて初めて見たので とてもびっくり、感動しました。

 

自宅に帰ってから 調べてみたところ、分類としては 『 シマヘビ 』 のようです。

シマヘビは 茶色と黒のしま模様のものが ほとんどですが、 まれに黒化した個体が見つかるそうです。

 

お金の神様 といっても あまり気持ちの良いものではないかもしれないので、 嫌いな方みえたらごめんなさい。

このように シマヘビの黒化した蛇を 『 カラスヘビ 』 というそうです。

 

シマヘビは無毒ですが、『 マムシ 』 や 『 ヤマカガシ 』 など 毒をもったヘビも 黒化することがあるらしいので

黒いから シマヘビだ、 と決めつけない方がいいようです。」

  

 ---------------------------------------------

 

 自然豊かな地域のログハウスでは 薪小屋などに 「ヘビ在住」 ということも よくあります。

彼らがいることで ネズミが増えすぎないのかもしれませんし、同じ自然界の仲間として 上手に共存してくださいね。

 

 


[ ログハウスで自然暮らし 15.07.09 ]      Kiitos Log House