新潟県中越地震から11年が経ちました

 

2004年 10月 23日、新潟県中越地震が起きました。

 

テレビ映像で見た 孤立した山村で 住民が地面に書いたSOSの文字を 記憶されている方もいるでしょう。

その前に起きた 阪神淡路大震災のときの 神戸の街が火災による煙に包まれているようすや

東日本大震災で 津波に家々が飲み込まれていく映像は 何年経っても衝撃的な記憶として心に留まっています。

 

山の斜面に作られた田んぼや養鯉池は

地震で無残に崩れてしまっていましたが、

地震から11年が経ち、

今はその傷跡もほとんど見られず、

普段の生活に戻っているような感じがします。

 

もちろん 震災をキッカケに

若い世帯が外へ出て 人口が減ったり、

地域経済が苦しくなったりしたでしょうが

前を向いて歩いていれば

やはり復興&未来へ向かっての前進は

できるようです。

 

東日本大震災は 広範囲での被災であるために 復興速度は遅いような気がします。

キートスのお客様のなかには 現在再建のためのログハウス住宅を セルフビルドされている方もいらっしゃいます。

「家が流出したことを機に、建てたかったログハウスの夢を実現することにしました。」

悲しく辛い出来事も 前向きな気持ちで楽しみに変えていく、、、その生きる姿勢に とても感銘を受けました。

 

 

年月が経って 普段の生活を取り戻した 新潟県中越地震の被災地のように

やがて 東日本大震災の被災地でも 震災前と同じような日常が戻ってくることでしょう。

 

 


[ ログハウスで自然暮らし 15.10.23 ]     Kiitos Log House