地域にとけ込むセルフビルダーさん

 

 

「 ログハウスの外で 草取りをしていたら

 近所の人が 大きな採れたてのシイタケと

 なめこを持ってきてくれたので お昼に頂きました。

 

 帰り際には 別の人が

 大根を たくさん持ってきてくれました。」

 

 

ご近所の方々からの差し入れ、うれしいですね。

 

 

 

ログハウスが完成したばかりで 今年は庭造りまで手が回らなかった セルフビルダーさんご夫妻、

来年は ご自身で作った野菜を ご近所にお返しできるかもしれません。

ご夫妻にとってのログライフは まだ始まったばかりだと思いますが すでに 地域にも馴染まれているようで、

これからの田舎暮らしが楽しみです。

 

田舎暮らしがうまくいくかどうかは いかに地域にとけ込めるかも重要な点です。 

セルフビルドでログハウスを建てた場合、建築中は常に その地域 (ログハウス)へ通いますし、

「施主が自分で家を建てる」ということが珍しいため 建築中からご近所さんが見学に訪れたりして

地域の方々と 早い段階で交流を持つ機会が増えます。

 

田舎暮らしを検討されているみなさんは ぜひ 住まいとなるログハウスを セルフビルドして

早い段階から その地域にとけ込むようになさってくださいね。

 

 


[ ログハウスで自然暮らし 15.11.17 ]     Kiitos Log House