マナーある山菜採りを楽しもう。

 

ゴールデンウィークが終わり、 昨日からまた 仕事に励む日常が戻ってきました。

みなさんは 連休中は いかがお過ごしでしたか。

 

ログハウスを建ててから 以前より自然に親しむようになり、 春の山菜採りを楽しむ方も多いかもしれませんね。

この時期、山へ行くと いろいろな山菜を目にしますし、山菜採りの人たちに 出会うことも少なくありません。

 

昔の人たちは 山菜を見つけても 全部採ってしまうことはせずに

半分採ったら 半分はその植物のために 残しておきました。

そうすることで 木や株が弱らず、来年もまた 恵みを与えてくれるからです。

 

でも 残念なことに、 都会で育ち 大人になってから 

自然に親しむようになった人の多くは そういう暗黙のルールを知りません。

登山の途中や 週末の田舎暮らしをしている時に見つけた山菜は

一つ残らず 自分で収穫したくなってしまいます。

 

登山道脇にあったコシアブラの木が 登山者グループが通った後に

丸坊主になっているのを見たこともあります。

確かに 山菜は 「食べる」より 「採る」という行為自体が 楽しいですね。

 

時々、山菜採りをしている人が 別荘など 個人の敷地内に平気で入って 山菜探しする姿も 見かけます。

また、平日は留守にしているログハウス別荘のテラスで 山菜採りの人達が 勝手に休憩したらしく

ペットボトルやお菓子の空袋などが 残されていたりすることも あるそうです。

 

キートスのログハウスオーナーさんには そういう方はいらっしゃらないと思いますが、

山菜採りは 他人の土地には入らないように気をつけて、 マナーもしっかり守りながら 楽しんでくださいね。

 

 


[ ログハウスで自然暮らし 15.05.12  ]      Kiitos Log House