キートスログキットを担当するフィンランドの会社で

今回のフィンランド旅は 休暇ですが、キートスのログハウスキットを担当しているログメーカーとも

しっかりと 打ち合わせをしてきました。

 

 

ログメーカーの事務所は オウル市の中心部から

少し郊外に行った 産業エリアにあります。

 

写真右から 代表のM氏、構造設計担当のV氏。

M氏は 日本が大好きで 毎年来日していますが、

V氏も 数年前に 日本に来たことがあるので

キートスHPで 写真を見た方もいらっしゃるでしょう。

そして 左端が今回初めて会った 積算担当のPさん、

物静かだけれども 仕事のできる聡明な女性です。

 

彼らはこの夏 とても忙しく、私達が訪れた9月初めになっても V氏はまだ 夏休みをとれない状態でした。

「気の毒に・・・」と言ったら、「高給を支払っているからいいんだよ」 と M氏が笑って言ってましたが、

その後 9月後半に V氏も一週間程の遅い夏休みをとれたようです。

「でも 家族は学校や仕事があるので、ラップランドで一人の休日だった。」とV氏はメールで言ってました。

 

オフィスで ログキットの細かい仕様打ち合わせや 今後納品するキットについてのスケジュール調整をした後、

ログハウスで使用する床板や天井板を扱う会社も訪問しました。 以前 キートスのfacebookで 写真を紹介しましたが

最近は この会社のヤードで ログ部材キットをコンテナに積み込む作業を行っています。

 

 

広いヤードには パッケージした板材を屋内保管しているだけでなく、屋外にも たくさんの梱包や保管棚があり、

万一 出荷前の急な部材追加があったとしても、細かい対応ができそうで 安心ですね。

 

「8.ラップランドのラミネートログ工場」へ進む「 フィンランドの旅報告TOP 」へ戻る

 


[ フィンランド見聞記 15.10.14 ] Kiitos Log House