いつまでも元気な暮らしをするために

 

この夏 千葉県在住のセルフビルダーさんから届いたお便りの中に ログハウス写真以外にも 野菜の写真が入っていました。

 

最近 セルフビルダーご夫妻と 同居するようになった

高齢のお父さまが 家庭菜園で野菜を作られていて、

新鮮な野菜で作る料理は とてもおいしいそうです。

 

ログハウス建築後に 家庭菜園をされる方は多いですが

みなさん ご存知のように 野菜作りは

水遣り、施肥、芽欠きなど けっこう手間もかかって大変です。

でも 手も脳も使うので 年配者にとって 脳の活性化にも良いし、

自分でいろいろすることが 体と脳の健康に良いのだと思います。

 

 

先日、他のセルフビルダーさんからも こんなお便りが届いていました。

 

「私の祖母は 新潟県の山奥にある集落で 暮していました。

山奥の暮しは まさに 『 自分で出来ることは 自分でしよう!』 です。

 

春には 山菜を採って 塩漬けや乾燥させて保存。 田植えはもちろん、梅の実を収穫して 梅干作り。

季節の野菜が食卓に上がり、 やがて 稲刈りの季節。 この頃になると 沢庵漬けや白菜漬けなどを 冬に備えて漬けていました。

物流網が現在ほど発達していないころの話です。 お魚は 塩鮭、乾燥ニシンなどです。

 

コンビニなんてありません。 あるのは 何でも売っている商店一軒のみ。 でも お弁当やサンドイッチなんかありません。

生活を営むことが すでに 『 仕事 』 だったのです。

味噌、醤油などの調味料から 何でも自分で作らなければなりません。

祖母はタンパク源確保のために ニワトリを飼っていました。 やがてウサギも… もちろん愛玩用ではありません。

 

御近所の方がお茶飲みにいらっしゃると 祖母は慌てることなく あっという間に食卓におもてなしの準備をしました。

お漬物、いつの間にやら 煮付けた煮物や煮豆などなどです。 色々な話に花を咲かせていました。

ですが 不思議と人様の悪口などはせず、コロコロと笑って 井戸端会議をしていたのを よく覚えています。

 

私の母、というより 『金の卵』 ともてはやされて 地方から都会へ上京した世代は あまりにも都会の便利な暮らしに驚き、

それゆえ どっぷりと浸かってしまったのかなぁ・・・と 認知症専門病院で 母と同世代の患者さんを見るたびに思うのです。

 

祖母は89歳で亡くなりました。心筋梗塞で あっという間の出来事でした。

でも最後まで寝込むことはなかったのです。 前日まで普通に生活していたそうです。

『自分で出来ることは 自分で 』 、、、このことが 結果的に大往生となったのかなと考えます。」

 

 

いろいろ考えさせられる セルフビルダーさんたちからのお便りでした。 

 

 


[ ログハウスで自然暮らし 15.10.15 ]     Kiitos Log House