屋根からの落雪も考えてログハウスの建て位置を検討しましょう。

昨日のログハウスで自然暮らしコーナーで 「屋根からの落雪」 について 少し触れましたが、

「最近は 屋根から落ちた雪のことで ご近所同士で トラブルになるケースが増えた」 と ある公的機関の方から聞きました。

ここ数年、「例年にない大雪」 になることが多く、 雪がほとんど降らなかった地域でも 雪が積もったりして、

以前は 異常気象が特別であった事象が すでに 「よくあること」 になってきています。

 

今まで 「雪は積もらないから 関係ない。」 と言ってきた地域のみなさんも 家を建てる際には

屋根からの落雪について 一応考えておく必要がありそうです。

 

一般的に ログハウスの場合は 屋根角度があるので、 多くの場合は 屋根上の雪は 自然に落下します。

(屋根角度があまりないログハウスでは 場合によっては 雪下ろしをする必要が出てくるかもしれませんが)

 

 

 

雪で ご近所とのトラブルになるのは 多くの場合

「屋根から滑り落ちた雪が どこまで飛ぶか・・・」

 

落ちた雪が そのまま隣地まで 飛んでしまわないように

建築前に ログハウスを建てる位置についても (隣地から離す距離)

しっかり検討しておく必要があります。

これから ログハウス建築をされる方は、冬 雪が降ったときに すでに建っているご近所の家を眺めて

屋根から落ちた雪が どの程度遠くまで飛んで落ちるかなども 確認しておくと良いでしょう。

屋根角度や その時の雪質(さらさら雪、湿った雪etc)によって異なると思いますので

いろいろなケースを見て 自分のログハウスを建てる位置を考えてください。

建築地があまり広くなくて 余裕がない場合は、 屋根に雪止めを設置するなど 対策も必要です。

せっかく建てる 『 夢のログハウス 』で 楽しく過ごすために ご近所さんとのトラブルは 避けたいですからね。

 


 [ ログハウス徒然草 15.02.18 ] Kitos Log House