住宅街に建つログハウスでの冬暮らし

 

「そちらは 雪が いっぱいですか?」

ログハウスについてのお電話をいただいた際、お客様から 時々きかれる質問。

 

全国的には 「新潟=雪国」 というイメージですし、 「積雪の重みで 家が倒壊」 というニュースも 最近テレビで流れていましたが、

キートスの事務所がある新潟市は 海沿いにあり、雪は降っても それ程多くの積雪にはなりません。

昨年に引き続き、 今年も 新潟市は 今のところ 雪が少ない冬です。

 

 

昨年は この時期に 太平洋側では 大雪になりました。

 

ちょうど一年前の今日( 2014/2/17 )、 

埼玉県内のセルフビルダーさんのログハウスでも こんなに雪が積もったようです。

 

屋根の傾斜角度があるので 屋根の雪は 自然落下しますが、

住宅地では その雪が隣地まで飛ばないように 気をつける必要がありますね。

 

さて、外は雪で寒くても ログハウスの中は ストーブで あったか・・・

薪ストーブもいいけれど、 このログハウスでは ペレットストーブをお使いです。

 

 

「ログハウスには薪ストーブ 」 と言われるように 

多くのログオーナーさんが ログハウスに薪ストーブを設置されますが、

薪確保の大変さ、 煙突から出る煙の問題などを考えると

住宅地では ペレットストーブを選択するのも よいことだと思います。

 

最近は 燃料であるペレットも 簡単に入手できるようになり、 

地方自治体によっては ペレットストーブ購入時に 

補助金が出たりもします。

 

「薪ストーフのあるログハウスで暮す」 が 夢だったかもしれませんが、

「ペレットストーブのあるログ暮らし」 というのも 素敵です。

 

 


[ ログハウスで自然暮らし 15.02.17 ]      Kiitos Log House