ログハウスで 2年目の冬を迎えて・・・

昨日 『自然暮らしページ』 で紹介した 名古屋のセルフビルダーさんのクリスマスリース

やはり暴風雪で 下に落ちて ぐちゃぐちゃになってしまったそうですが、 また頑張って再度飾りつけされるそうです。

 

普段 雪があまり降らないような地域や 雪のない地方から 積雪地域などへ移住された方は

初めての大雪は 驚くし、心配になるし、 初めての経験ばかりだし・・・ いろいろ大変だと思います。

 

夫婦のセルフビルドでログハウス住宅を完成させ、昨年から住み始めた 山梨県の若いファミリーも

昨年は例年になく太平洋側でも大雪で 初めての冬は大変だったようです。

あれから約一年のログハウス暮らしを経て、 今回は このファミリーにとって 2度目の冬。

まだ冬は始まったばかりですが、 ログハウスでの冬暮しについて ミニ報告を送っていただきました。

-----------------------------------------

 

「 おかげさまで、快適に暮らしています。

今年も早速の雪で、テレビでは 雪のニュースでもちきりですが

昨年のあの大雪を経験した身には この程度なら 通常どおり、

車の運転にも 慣れました。

(慣れた頃がこわいと聞くので、とばしませんよ!)

 

私は超寒がりで おまけに すぐ風邪をひく方なため、

冬という季節は どちらかというと苦手だったのですが、

嫌いじゃなくなりました。

 

ログと薪ストーブのおかげでしょうか、ここに暮らしてからまだ 一度も風邪をひいていません。

キーンと冷えた空気、 葉の落ちた木々、 青空バックに 雄大な雪山の景色、 間近に見える野鳥たち、

雑草のないスッキリとした庭!

はい、なかなかシーズ ン中は庭の手入れにまで手がまわらず、仕事から帰って来たら日没後まで

雑草さん達と闘っていたものですが、 冬は 雑草に追い立てられることもありません。

あ、薪作りなど やること は満載なのですけれどね。

 

もともと植物は好きなので、春夏秋の間に いろいろ宿根草を 植えています。

この冬、何がこの地(標高1000m弱)に向いていて、根付いて 春に芽を出してく れるのかを 見極めたく、

春を待つ楽しみに なっています。」

 


 [ ログハウス徒然草 14.12.19 ] Kitos Log House