ログハウスでどんな暮らしをしたいのか・・・

 

キートスのセルフビルダーさんたちが 「 ログハウスを建てよう」 と思った理由は

「予算内で住宅が欲しかった」 とか 「物作りが好きだから セルフビルドをやってみたかった」 とか 人それぞれですが、

50~70才代のお客さまの多くが 「田舎暮らしをしたい」 とか 「自然ともっと身近で生活したい」 と考え、

「自然とともに生きる」 → 「自然にとけ込むログハウス」 → 「できるなら自分で建ててみたい」 と、 セルフビルドを実行されています。

 

そして あるセルフビルダーさんは ログハウスのセルフビルドを計画した当初のことを振り返って こうおっしゃっています。

 

「2007年に ログハウスを手作りする (当時は セルフビルド という言葉を知りませんでした) にあたり、

 奥さんを説き伏せる為に 作った企画書を 読み直すと、

 ・ 地球温暖化、自然災害からの生き残り

 ・ ロハスな生活

 ・ 20年後にいい感じの家と庭つくり

 ・ 孫たちの遊びの拠点

 など もっともらしいキーワードとともに、やってみたいことが 羅列されていました。」

 

 

 

いろいろな思いを込めて セルフビルドされたログハウスは すでに完成し、

いよいよ 企画書の内容を実践するときが やってきました。 

 

 

「ログハウスでやりたいことは いっぱいあって

 優先順位付けに困っていますが、

 仕事の関係で まとまった休みが取れないため、 

 あと 2年くらいは、 冬の間は 自宅近くで 薪準備、

 夏の間に ログハウスの補修と バージョンアップ、草刈り・・・

 といった ログライフに なりそうです。」

 

 

 

50才代のこのセルフビルダーさん、お仕事の方が まだまだ忙しく

「ログハウスでの自然暮らしを満喫」 というわけには いかないようですが、

それでも 月に1~2度は 奥さま&愛犬と一緒に

ログハウスでの休日を 楽しんでいらっしゃるようです。

 

で、そのワンちゃん、

最近 フィンランドのトナカイと お友だちになったそうですよ。

 

 

 


[ ログハウスで自然暮らし 15.03.18  ]      Kiitos Log House