福島県にログハウスキット荷降ろしサポートに出かけました。

 

荷降ろし当日(6/28) 早朝に現場に向かっていましたが、まだ「立ち入り禁止区域」があり、

鉄柵と監視員が立って トウセンボしており、 かなりの迂回を 余儀なくされました。

 

その立ち入り禁止区域に向かう道沿いには 5~6台の大型バスに乗った数百人の除染担当作業員さん達が

集結していました。

テレビで 立ち入り禁止区域は知っていましたが、今でも震災は 現実のものとして色濃く福島県を覆っていることを

再認識させられました。

 

 

このオーナーさんも 震災で多大な被害にあい、

津波によって 自宅をなくされました。

 

その後 代替地(高台)が決まって

移転することになりましたが、

行政による造成作業にも 時間がかかって

この度やっと 建築が可能になりました。

 

 

 

まだ基礎もできていませんが、7月末頃には 待ちに待ったログハウス新居のセルフビルドが始まります。

私達もできる限りのサポート(ボランティア) を行なう覚悟です。

(ログ組みなど ボランティアご希望の方がいらっしゃいましたら、 キートスまでご連絡ください)

 

震災から、もう3年・・・だけど まだ3年しか 経っていません。

何も進んでいない地区もあり

まだまだ完全復興には 程遠いかもしれませんが、

今回の荷降ろしを手伝っていただいた皆さんからは

そんな暗い影は みじんも感じられません。

 

福島県民特有(私はいつもそう感じます)の

屈託のない笑顔と明るさで、本当に 楽しく

1時間ほどで コンテナからの荷降ろしが完了しました。

 

その時に飛び交っていた言葉 「さすけね!」 が印象深く、 (大丈夫、大した問題ではないよ。 差支えないの意味)

これからのセルフビルドも 大半は 「さすけね」事ですから、

さすけね精神を 発揮して 楽しく ログハウスをセルフビルドしましょう。

 

 


 [ ログハウス徒然草 14.07.01 ] Kitos Log House