ラップランドのラミネートログ工場

オウル市から 約3時間強のドライブで

ラップランド地方にある

ラミネートログの工場に 行きました。

 

ログハウスの事務所と隣接するミーティングルーム&スタッフルーム、

そして 背後には 広い敷地に 資材保管倉庫と2つの生産ライン(工場)があります。

 

ラミネートログのカットを行う工場でも 原材としてラミネート材を仕入れて ノッチ加工することが多いですが、

この工場では ラミネート材自体も 自社で製作しています。

上写真 左 : ラミネート材について説明する工場責任者のR氏。(M氏が大変信頼をおいている人物)

上写真 右 : ラミネート材製作のために 接着剤のカーテン下を木材が通っていくところ 。

接着&圧着されて 品質試験を通ったラミネート材のみ ログフレーム(サネ付き材)に加工されます。

この状態で出荷されるものもありますが、キートスのログキットは 次の工程に進み、 工場内でノッチ加工もされます。

上写真 左     : サネ付きのログ材が ノッチ加工する機械に 入っていくところ。

上写真 中央 : ノッチやダボ穴の位置は コンピュータによって制御されますが、一本一本 担当者が機械動作前に図面と合わせて確認し、機械にセットするラミネート材の品質も確認しています。

上写真     右 : 加工機械(左のドーム状)から ノッチやダボ穴が加工されて出てきたログ材を 別の担当者が図面で再確認し、品質の確認もしながら  ログ番号ラベルを貼り、 コンピュータによって指示された梱包場所に振り分けます。

下写真  : 出荷のために 丁寧に梱包しています。

みなさんのログキットも こんな流れで

ログフレーム加工&梱包がされます。

この工場から出荷されたログ材はオウル市にある板材会社のヤードに運ばれ、窓・ドアなどの建具、内装材やログパネル、そして ボルトなどの金物類と一緒に

コンテナに積み込まれて オウル港から旅立ちます。


[ フィンランド見聞記 15.10.16 ] Kiitos Log House