もう20年以上前のこと・・・-ログハウスのセルフビルドならキートス



キートスは「お金はないけれどログハウスの夢を実現したい方」や「できるだけ安い価格でログハウスを建てたい方」を応援しています。

もう20年以上前のこと・・・

 

 

この前、キートスの施工サポート隊が 長野県軽井沢町のセルフビルダーさんの現場に 屋根や天井板貼りの

部分請負作業に出かけました。 それで、20年以上前に キートスサポート隊が やはり部分請負で出かけた

軽井沢にある 他のログハウスのことを思い出しました。

 

今は「キット担当」の私(K)ですが、当時は フィンランドとの打ち合わせと輸入手続きがメイン業務で

時々営業サポートで 見積書類などを準備することはあっても、

お客様と直接 ログハウス間取りの打ち合わせをすることはありませんでした。

 

このお客様の時も いつものように営業サポートをするつもりでいたら

上司のNが「今回は全部担当してみたら? 万一失敗したら、責任は俺が持つから」と言うので、

1~10まで 私が対応することになりました。(もちろん上司に相談はしましたが)

 

ドキドキしながらも打ち合わせを進め、キット契約をしていただいた時はうれしかったものの、

今後のサポートもうまく進められるのか、オーナーさんが満足するログハウスが完成するのか、、、

不安がいっぱいありました。

 

 

 

 

ログキットは予定通り納品され、キートスの施工サポート隊がログ組みをして

内装をセルフビルドするオーナーさんに バトンタッチ。

 

デジカメも インターネットもメールもない時代ですから、セルフビルドの進み具合を把握するのも

なかなか難しく、オーナーさんがセルフビルドしながらどう思っているのか 少し不安なままでした。

 

 

それから数か月が経ち、

完成写真が届きました。

 

「平均して 月1~2回は来て

ログハウス暮らしをしています」

 

オーナーさんの手紙からは

セルフビルドをして良かったこと、

ログは冬も暖かく快適であること、

休日のログ暮らしを満足していること

などが伝わってきて

とてもうれしかったのを覚えています。

 

 

 

あれから年月が過ぎ、多くの経験を積み、カタログキット数も増え、できるアドバイスや提案も多くなり、

今は「キット担当」として お客さま(場合によっては大工さん)と直接打ち合わせする毎日です。

そして お客様のログハウス建築を担当する大工さんから「ねえちゃんに 建築のことわかんの?」と言われることも

なくなりました。(もっとも、「ねえちゃん」の年齢ではなくなりました・・・笑)

 

でも これからも初心を忘れず、そして今も変わらぬ 「完成写真を送っていだたいた時の感動」を大切にしながら

みなさんとログハウスについて打ち合わせしていく日々を 楽しみたいと思っています。

 

 


[ ログハウス徒然草 18.08.02 ]     Kiitos Log House


 <  前の記事 « kousin |  トップページ  |  次の記事 建築中のログハウスに試験通電しました。 »  >