宮城県で納品サポート-ログハウスのセルフビルドならキートス



キートスは「お金はないけれどログハウスの夢を実現したい方」や「できるだけ安い価格でログハウスを建てたい方」を応援しています。

宮城県で納品サポート

 

 

宮城県でログハウス部材キット納品があり、その荷降ろしサポートに出かけて来ました。

 

 

 

新潟のキートス事務所まで 家族で

最初に相談にいらっしゃってから約1年、

待ちに待ったログハウス部材の到着です。

 

久しぶりにユーザーさん一家に

お会いしましたが、

相変わらずにこにこと楽しい雰囲気で、

荷降ろし作業はユーザーさん(若夫婦)と

お父さん夫婦の4人で行いました 。

 

 

 

 

コンテナは建築地までバックで引き込んだのですが、地盤がゆるく コンテナがはまってしまいました。

が、構わず はまったその場所で 無理やり荷降ろし作業を始めたので

コンテナと荷受けトラックが斜めになって 多少不安はありましたが、順調に約2時間で終了しました。

 

その後カラになったコンテナのお尻をクレーンで持ち上げながら ぬかるみから脱出し、

コンテナは一気に発進して 帰って行きました。

 

ログハウスは広い平屋住宅プランなので、コンテナの荷物は結構ギュウギュウ詰め状態で

フィンランドでよく詰め込んだものだと感心する程の部材量です。

 

 

 

 

当日は非常に暑い日でしたが、ユーザーさんが電気工事の関係をされている方で 体がよく動き、

大半の作業を手際よくこなしてくれました。

 

 

 

 

 

お父さんが大工さんなので

基礎工事もセルフビルドです。

 

(お父さんがちょっと忙しくて

基礎はまだ完成していません)

 

 

 

 

 

 

 

お父さんに「棟梁は あくまでも息子さんですよ。在来建築とは考え方が違う部分もあるので、

ログハウス建築マニュアルをしっかり学習した息子さんの指示に従って ログハウス作業を進めてください。」

と釘を刺しておきました。

 

私たちは 現場大工さんがマニュアルを読んでくれず、従来の経験と思い込みで

とんでもないことをしでかしてくれた結果をいくつも見てきました。

 

お父さんは「その通りだ。よく分かったよ。」と充分理解してくれたので、この現場は大丈夫です。

 

全員が怪我もなく 無事に息子家族のログハウス住宅が完成したら、

家族での一大事業として 一生の思い出に残るイベントとなることでしょう。

 

宮城県内のこの近くは、不思議と キートスのユーザーさんの多いエリアです。

またこの近くの東北道を走ることがあったら、ぜひ立ち寄ってみることにしましょう。(by キートス・N )

 

 


[ ログハウス徒然草 18.06.06]     Kiitos Log House


 <  前の記事 « ゴールデンウィークには仲間と床張り |  トップページ  |  次の記事 宮城に行ったので、近くのログハウスも訪問 »  >