金色に輝くミモザアカシアの花

 

3月も終りに近づき、桜の便りが聞こえてくるようになりました。 「花の季節」の到来ですね。

昔は 個人宅の庭にも 桜がよく植えられていましたが、 毛虫の問題もあってか 最近は あまりみかけなくなりました。

桜はもっぱら 学校、公園、あるいは 堤防などの公共施設で観賞するものになってしまいました。

 

一方、以前は見かけなかった 花木 通称 「ミモザアカシア」 の開花写真を 見る機会が増えました。

(温暖な気候を好む樹木なので、 寒い地域では ほとんど実物を見ることはないので)

 

 

春 金色に輝く花は、 お見事!という言葉しか 出てきません。

 

ただ、アカシアの仲間は 成長が早く すぐに大きくなってしまうので、

定期的な手入れは 必要です。

特に 立派な花がたくさん付くように 枝数を増やすため

そして 樹形を整えるためにも 剪定は 大切のようです。

 

ご近所さんに迷惑をかけないためにも 樹の管理は必要ですね。

 

 

「樹や庭の管理」というと なんだか大変そうで 面倒に感じるかもしれませんが、

キートスのログハウスオーナーさんの場合は ほとんどの方が セルフビルダーさんなので

もともと体を動かすことが好きだったり 外作業が苦にならなかったりで、 庭造りも樹の剪定も ご自身でされているようです。

 

 

写真のログハウスでも、 セルフビルダーであるオーナーさんご夫妻は

天気がよければ いつもお庭で何かされています。

 

日々暖かくなっていく これからの時期は、木も 花も そして草だって

元気よく 成長するので、 剪定や草取りなど やることはいっぱい。

 

でも こういう作業も 自分たちですることで

リタイア後も元気で 自然暮らしを楽しむことが できるのですね。

 

 


[ ログハウスで自然暮らし 15.03.26  ]      Kiitos Log House