papa

ログハウス徒然草

先週は新潟県内のセルフビルド現場へ出張サポート作業に出かけました。

8月にログキットを納品した新潟県内のセルフビルダーさんから、 「ログ組みが完了したら2階部分をお願いします」と以前から依頼されていました。 今年の夏は危険な暑さでしたがオーナーさんは頑張って作業し、 9月末には「ログ組みがほぼ完了しました」との連絡を受けて 10月5日からキートスの施工サポート隊は一週間の出張工事に出かけました。 (請負う作業は、妻壁パネル作成-棟上&妻壁立て-屋根垂木-屋根下地です) 作業した週は雨の日が多く、 台風の接近とともに風も強くなって辛いつらい作業になりましたが、 当初予定どおりに屋根下地まで完了しました。...
ログハウス徒然草

熱中症には気をつけて!! (栃木県での現場サポート報告)

先週(8月17日)、栃木県内であったログキットの納品サポートに出かけました。 今年は梅雨明けも遅くかなり油断していましたが、 当日は文字通り「危険な暑さ」になり、 今年初めて経験した、と~~~んでもない暑さに襲われました。 さすがの私も途中で救急車を呼ぼうか!と思うほど消耗し気を失いかけました。 (さすがの私が何ほどのものかは、置いておいて) 今までの人生で経験したことの無い状況に なるほどこれがあの熱中症というものかと実感できました。 アブナイ、アブナイ!! とにかくコンテナ2台の荷降ろしを終え、 建築地までの2次輸送の最中にも...
ログハウス徒然草

新潟県内でログキット納品があり、サポートに出かけました。

「梅雨が明けました!」宣言の出た新潟県内で先週(8月5日)ログキット納品があり、 荷降ろしサポートに出かけてきました。 待ちに待ったログハウスキットが届いたので、昨日はユーザーさんは心配で不安だったそうです。 午前中にコンテナからの荷降ろしも終わり、ログキットが無事に建築地に搬入されて一安心。 でも部材の量を見て、今度はこれからのセルフビルドを考えてまたまた不安になるそうです。 「大丈夫ですよ。他のセルフビルダーさん達も同じことを話し、 そして同じ経験をしてログハウスを完成させています。」 荷降ろしは近くの重機屋...
ログハウス徒然草

宮城県の完成後の立派なログハウスを訪問しました。

6月半ばの岩手県での納品サポート時に、 気仙沼のセルフビルド現場以外にもう一軒ログハウスを訪れました。 2018年6月にログキットを納品した宮城県のユーザーさんです。 2018年の年末には完成検査も終了。 写真用のようの立派な大きな平屋住宅ですが、とても早く完成させました。 建築中は平日も仕事が終わった夕方からも数時間作業をしたそうで、 作業は順調に進んだそうです。 ユーザーさんは電気工事のお仕事のため、 建築における全くの素人では無いので、それも順調に進んだ要因でしょう。 平日午後の突然の訪問、 「ご不在なら外観写真だけ...
ログハウス徒然草

気仙沼にある若者のセルフビルド現場を視察して来ました。

今月半ばの岩手県への出張途中で、 このページで時々紹介している宮城県気仙沼市の現場に立ち寄ってきました。 セルフビルドでの建築作業は着々と進んでいました。 マンサードタイプ・ログハウスの全貌が見え、 2階床板施工も終わり、予定通りの進行状況です。(えらい、えらい) ユーザーさんは、 「マンサードにして良かったです。 2階をキッチン&リビングで考えているので、十分な広さが確保できそうで、 想像していたより大きいです。」と大満足のようです。 ただ、マンサードの急勾配屋根は、屋根業者さん泣かせではありますが。 2階がリビング&ダイニング...
ログハウス徒然草

岩手県にログハウスキット荷降ろしサポートに出かけました。

6月15日、コロナ感染者がいまだ「0」(奇跡の数字ですが)の岩手県に ログハウスキットの納品サポートに出かけて来ました。 この時期、新潟から(他県ナンバーの車で)岩手県に出かけるのは非常に気が引けますが、 「新潟県もこのところ新規感染者が0なので勘弁してください」と言う気持ちで運転していました。 幸い石をぶつけられることもなく、無事に荷降ろし出張から帰ってきました。 コンテナからの荷降ろし作業は漁港先端の広い場所でしたので、 気兼ねなくスムーズに2時間位で終わり、 大工さん(施工も担当するそうです)も、ユーザーさんも、まずは一安心でした。 ...
ログハウス徒然草

あれから1年・・・また、見事にバラが咲きました。

新潟市近郊のユーザーさん宅を訪問してきました。 このユーザーさんはセルフビルドからおよそ20年経ちます。 近年は毎年ログハウス背面の全面にバラを丹精して咲かせています。 今年は例年より少し早いそうですが、今年も見事に咲いています。 ちょっと改築を計画していて、その打ち合わせを兼ねてバラの鑑賞会です。 久しぶりに奥さんも交えて、 このログハウスで楽しんでいる話をうかがいました。 ログハウスは自宅わきの離れで、 母屋から内部廊下でつなげたので行き来が楽です。 しょっちゅう開催されるイベントでは、 このログハウスはぎゅうぎゅ...
よくある質問

別荘としてのログハウスを建てる時の注意点はありますか?

住宅としてログハウスを建てる場合も、別荘としてログハウスを建てる場合も大きな考え方の差はありません。 ただ別荘としての場合と、住宅の場合での大きなは使用頻度でしょう。 毎日生活するログハウス住宅の場合は積雪の状況、湿気や塗装の必要具合など、台風が来るぞ!など、いつでも建物の状況を認識できます。それによりこまめなメンテナンスが可能になります。 別荘としてログハウスを建てた場合、冬の間留守にしていたら思いのほか積雪があったとか、水道管が破裂していたとか、少ないケースですが動物による被害(キツツキに壁に穴を開けられた、ネズミが出た)などのトラブルにあうユーザーさんも時々あります。 ログハウス...
ログハウス徒然草

Jazzと薔薇のログハウスを訪問しました。

先日、新潟市のユーザーさんに 薪ストーブ部品を届けて来ました。 久しぶりの訪問で、 雪の中でのログハウス建築を敢行したのはいつ頃だったかと考えていたら、 2000年に完成したそうです。 もうあれから19年も経ってしまっているのですね。 完成当時は子供さんが占拠したりして思い通りにならなかった離れのログハウスも、 今は完全な夫婦の趣味室として楽しんでいるとの事でした。 相変わらずJAZZのLPレコードを真空管アンプで鳴らして楽しんだり、 「最近は薔薇つくり」にも凝っているそうです。 ...
ログハウス徒然草

都内にある黒のログハウスに寄ってきました。

先週の土曜日(2/16)は 神奈川県内での荷降ろしサポートの出張ついでに、東京都内のユーザーさん宅に寄ってきました。 テラス上部にバルコニーを作ったので、出入用のドアをフィンランドから取り寄せる依頼を受けていました。 今回は そのドアの納品です。 このユーザーさんは ちよっと有名なキートスのセルフビルダーさんです。 「キートスのセルフビルダー達」ページでも紹介していますが、外壁を黒色で塗った2階建て住宅で、ログ組みや内装はもちろんのこと、屋根仕上(防火シングル)もご夫婦でやり遂げた「スーパーセルフビルダーさん」です。 当時 ログハウ...