マシンカットログも楽しいよ〜ん 



3. ログキット到着&土台敷き



2013年 5月 1日、フィンランドから マシンカットログハウスの部材が 到着しました。





コンテナの施錠を切り、後部のドアを開けます。 フィンランドの香り?は パイン材の香りでしょうか。

荷下ろし場所は 土木会社の資材置き場です。基礎工事等を依頼したところの現場監督に 紹介してもらいました。

キートスからも 納品の確認&荷下ろしのサポートに Tさんが来てくれました。
さすが荷下ろしのプロ、段取りが良いです。
あっと言う間の2時間で、10時前には 大きなコンテナは 引き上げて行きました。




この日の主役は 25トンクレーンに ウインチ付き4トントラック、 そして 運搬用の3トンユニック。
(後で聞いた話ですが、ご近所の暇なおじさんたちが 物珍しそうに 見学していたそうですよ)

場所の関係で コンテナとウインチ付きトラックが お尻あわせでスタンバイ。
ウインチで引いて 荷物がトラックの荷台に載ったら、25トンクレーンで資材置き場に。
それを 3トンユニックで振り分けて、 この日は 土台と1F根太を中心に 建築地に運んでもらいました。







建築地にすべての部材を入れられないので
資材置き場に しばらく保管する梱包には
10m×10mのブルシートで 養生しました。


室内のドア等は 軽トラに積んで
仮住まいのマンション内で 保管です。






荷降ろし当日の午後3時過ぎから
土台の刻みをしました。

ひとコーナー刻んだら 雨が降り出し、
この日の作業は これで終了。









5月2〜5日、 土台敷き、大引き、床根太作業です。

土台の刻み開始。







初日は、荷降ろし場所から 部材の一部をトラックで 建築地に搬入する作業もしました。

短いログ材の梱包、ガラスが危ないので木製サッシ、棟木も後ろに大きくはみ出しながら 運びました。
荷台が余裕だったので 後でもよかった階段まで運んでしまいました。
現場は 置くスペースいっぱいだと言うのに・・・。 なんとか保管せねばなりません。






2日目からは 土台の続きと
大引き&根太の施工です。


解体した2×4住宅に 住んでいた時は
「陽あたりは悪いし・・・」などと 決めてましたが
結構 陽あたりが良いのでは‥・

その陽を 取り込めるような家ではなかった
と言うことですね。





土台材やシルログを
アンカーボルトに固定する時に使う
座掘りカッターは 快調です。

さすが 専用道具ですね。





大引きは 45×120材の2枚重ねです。
ちなみに根太は 45×95です。 2×4より 少しだけ太い、強度的には 2割UP位?でしょうか。

土台や大引きは 防腐処理材なのですが、念の為 シロアリ対策に効果のあるクリヤーの防腐材を たっぷり塗りました。

布基礎に 大引き受け用の欠込みがあるので、 大引き受け金具は不用です。
しかし、施工した大引きが弓なりになっていました。 なんで?どうして?

基礎図面を確認したら、布基礎の欠込み位置が 35ミリずれていました。





そこで、簡単な方法で対処。 片方の大引きを 35ミリカットです。

強度的に弱くなったのは間違いないので、 対策として プラ束を設置して 束職人というボンドで固定です。
街中は近くに 大きなホームセンターがあるので 便利です。





床根太を 施工しましたが、 風呂の部分は 仮根太です。





根太の上に 構造用合板を 9枚仮置きです。

現場には まだシル&ハーフログがない状態なので 少し内側にコンパネを置いたり、
カットせず重なっているところもあるので つまずいて転けないように注意ですね。

この後 ブルーシートを掛けて、土台敷き・大引き・床根太の作業を終えました。


[ マシンカットも楽しいよ〜ん] のトップに戻る     [ 4. ログ組み−その1 ] に進む

キートス・ログハウス 〒950-2022 新潟市西区小針2-17-1 TEL 025-233-5005