マシンカットログも楽しいよ〜ん 



4. ログ組み (その1)



5月 6−8日、建築地へのログ材搬入です。

初日朝イチに ログ材(No.3)の梱包を
解いて 部材整理を始めましたが、、、
最初に必要なシルログがありません。

シルログの入った梱包(No.1)は
まだ 仮置き場にあります。

そこで、ログ図やリストを見ながら
必要なログ材を 仮置き場で探し、
建築地まで運び込みました。


使用するログ材は 95ミリ厚のラミネート角ログですが、 長いものは7mのもありました。
仮設住宅で使用したログは 国産材の杉でしたが、ほとんど4m位でつないでました。
寒い国の木は 密度が濃いのか、杉に比べたら 重たいです。



南側のハーフログを土台脇に置いてみました。


ログには ダボ用や電気配線用の穴が
いっぱいあります。

アンカーボルト位置に合わせた穴も
建築現場で 開けます。

穴の径を測ったら、 33ミリでした。






5月 9日、いよいよ ログ組みのスタート。

1段目のログは アンカーボルトの穴開け、
座掘りもするので 時間がかかります。

また、一番大切な直角が出ているか等も
時間をかけて 確認しました。

夕方までに 2段目前半まで 進みました。





5月10日、 ログキットが納品されてから 10日間休み無しの作業です。 (仕事だったら文句を言うのにね。)


アンカーボルトが長すぎるものがあったので
サンダーでカットしようかと思ってましたが、
2段目のログ裏側で ボルトがあたるところを
インパクトに太めのキリを付けて 穴をあければ
もっと簡単です。


交互にするダボ打ちも、
仮床にマジックで 1、2 と ナンバーを記せば
奇数、偶数 という感じで 間違いなくいけそうです。

電気穴の確認も しっかり やりたいですね。




ログ積みに使う断熱材は 天然素材の「麻」、
タッカーで ログに 留めていきます。

この作業は 奥さんの担当、
長材移動時のサポートも してくれます。


この日は 5段めの途中まで行きました。




5月11日

作業開始から1時間半で 雨天終了。 本降りになる前に ブルーシートを掛けました。




しかし 昼前に様子を見に行ったら、池になってました。 中央を高くしないと いけませんね。







余談ですが・・・


ログを積むときには このように
ログ図面に 「塗り絵」をして
積むログを 間違えないように
気をつけています。





5月13−15日





ログ材が現場にそろっていれば 面白いように積み上がって行きますが、まだ仮置き場に保管されているログもあり、
必要ログ材を仮置き場から軽トラで運ぶ作業もしながら 13〜14段目あたりまで進みました。

具体的な大きさが 体感出来るようになると、「ここにペレットストーブを置こう」 などと考えて 楽しいです。





1階上部あたりになると 窓等の開口上やロフト根太など 長いログも多くなります。
でも 狭い住宅地での長材取り回しも だいぶなれて来ました。

夕方、作業を終えるときは 現場の掃除。 ご近所があることだし、掃除は大切です。

[ マシンカットも楽しいよ〜ん] のトップに戻る     [ 5. ログ組み−その2 ] に進む

キートス・ログハウス 〒950-2022 新潟市西区小針2-17-1 TEL 025-233-5005