マシンカットログも楽しいよ〜ん 



12. ログハウスの外回り



門柱とポストの作成

門柱には 余り材のログを積みました。 アクセントと補強を兼ねたノッチも作りました。
ログハウスと同じグレーを2回塗り。



ちょっと大きめなポストと インターフォンを 取り付けました。

ポストの材料は ロフトのフローリング材の余りです。 ビス穴は 塗料が塗れる ウレタンコーク処理。
扉に ポリカの平板を入れました。 ポストの屋根には シングルの余り材を貼りました。
水切り金具も 余りを利用です。




門柱には ソーラーのライトも取り付けました。 安い割に 良い感じです。





外階段


玄関前のデッキに 階段を作りました。

福島県のハンドカットログハウスで 加工してきた
カラマツの半割材を セットしました。

デッキ前の外構工事がまだなので仮設置です。
蹴上げ 18センチ、 踏み幅 30センチ、
年寄りにも 優しい!

ログと同系色のグレーを 塗りました。





バルコニー手すり

手すり板は ロフトの手すり材(ギザギザ板)の残り、天板等は バルコニーの床材、 側板は 天井の羽目板の凸部分をカットして使用。 キートスの仕様でも 余り材で作るようになっています。

カネ勾配の野地板にどのように固定するかですが、室内の階段横でやった セトリングを考慮した スライド方式です。

バルコニーの手すり左右の三角形2ヶ所では 遊んでしまいました。
フィンランドからログ材等を運んできたパレット、 バラシた中で一番幅の広い材(22センチ)を使います。
オーナー名とログハウスの完成年月「2013.11」を ジグソーで。



下から見上げるとよく見えませんが、まぁ、自己満足ですから‥‥






外構工事と通路の庇


最後に残っていた 外構工事が
11月23日に 完了しました。








その後、 通路には 庇を作りました。 通路の土間は水はけを考慮して緩いスロープになっています。
ホームセンターで購入した羽子板付き束石も レベル調整をして モルタルで固定しました。
柱もそれぞれ長さが違います。 角ログハウスの方は桟木を打って垂木受けとしました。




屋根材は オンデュリン(波板)とポリカを 交互に施工。



柱には頬杖を設置。これで横揺れにも ビクともしません。




物置

デッキ上に物置を作りました。



製材した45ミリ×60ミリや45ミリ角を使い、自立する感じで デッキ上に置くという感じです。
ログ外壁を物置内壁として使う所は、ログ壁にセトリングを考慮して固定。



外壁は ドア側と南側は天井板の余りを縦張りしました。 裏側は天井板が無くなったので ログ材搬入時の
パレットを使用しました。

南側には採光用のFIX窓を設置。アルミ枠に入ったガラスを使い、周囲に板を廻して木製サッシ風にしました。
窓廻りには ログハウスと同じく小さな庇を取り付けました。



ドアは 構造用合板の上に 幅60ミリ、厚さはバラバラで、長さは20センチから70センチにカットした板を 貼りました。
ドアの把手は角ログですから、角材でシンプルに。

ドアヒンジ2ヶ使って取り付けました。 ドアの重さは20キロ以上はあるでしょう。
ドアクローザも ハンドカットログハウスから持ってきた中古品です。 ストップ付きで グッドです。


[ マシンカットも楽しいよ〜ん] のトップに戻る     [ 13. 快適なログハウス暮らしのために ] に進む

キートス・ログハウス 〒950-2022 新潟市西区小針2-17-1 TEL 025-233-5005