ログを作った時の感覚がよみがえり、楽しく小屋作りしました。

「こんにちは、ログハウスの周りはすっかり晩秋の風情で
庭の柿の木の葉っぱはすっかり落ちてしまいました。

今年は豊作で、2週間ほど前、半分は干し柿にしました。」

 

 

写真を送ってくださったのは、九州のセルフビルダーさん。
ログハウスが完成してから今年で5回目の秋でしょうか・・・

 

 

「裏の浄水器フィルターが冬に過去2回凍結で割れたので小屋を作りました。
ログハウス作った時の感覚がよみがえり、楽しみながら作業しました。

玄関ドアと窓枠の塗装が傷んだので、塗り直しきれいになりました。
何でもそうですが、維持補修が大事で、繰り返す中で愛着も深まります。

資材置き場の残り部材も時間とともにカビが生えたり、
白アリが食ったりしはじめたので、孫のためのブランコを作りました。
ついでに木馬も。」

 

 

「2代目コーギー『モモ』もログハウス気にいったようです。

ストーブと星空のきれいな時期になったので、
ログライフを楽しみたいと思っています。」

 


[ ログハウス徒然草 19.11.29 ]     Kiitos Log House