「薪ストーブ一年生」からの薪ストーブ報告

3月になって 少し春の気分はするものの、 まだしばらくは 寒い日も多く 薪ストーブが活躍しそうですね。

昨年 ご夫妻によるセルフビルドで完成させた 茨城県のログハウスでも 薪ストーブが活躍中です。

この冬初めて薪ストーブを使った感想を オーナーさんがメールで送ってくださいましたので ご紹介しましょう。

薪ストーブのユーザーさんならきっと 読みながら 「そう、そう」 と 思わず頷いてしまいますよ・・・


薪ストーブ 一年生の私たちとしては 「 すっごく良い 」 ってのが 感想なのですが、

具体的に どんなところが良いのかを ご紹介します。

 

* 暖かい

それはもう 間違いなく 暖かいものです、はい。

信州の親類から 「関東で薪ストーブなんて使ったら

暑くなりすぎるぞ」 って 脅されていたのですが、その言葉どおり 暖かいものです。

ちょいと燃すと 室温30度。 ぬくぬくです。

最初の頃は 加減がわからず

夜中に窓全開!ってこともありましたが、今は 「安心してください」 慣れました。

 

* 調理

薪ストーブに 鍋をのせておけば グツグツ煮込み系の料理、

豚角煮、筑前煮、煮豆、おでん、ポトフ、、、

まず間違いなく 美味しく出来上がります。

お酒のお燗も 思いのままだし、

オキのなかで焼き芋をつくると ホクホクで 美味しいものですよ。

 

* 温水三昧

乾燥防止と 湯タンポ効果を期待して、鍋、ヤカンを総動員して お湯を沸かしてます。

朝には そのお湯を洗顔、食器洗いなどに利用しています。

それと 知ってます? 熱湯をかけると 雑草を枯らすことができるのですよ。

 

* 薪のこと

庭木を剪定したときに 切り揃えておくと 3年後には薪として使えます。

ウチには 祖父の代からため込んだ薪が 豊富にあります。

栗、松、杉、桧、柿、杏子、椿、楓、などがあり、それぞれ燃え方が違う。

でも一番良く燃えるのは フィンランドのログ材、あれはよく乾燥してますね。

 

* 灰と過ごす

夕陽が沈むころ火入れして、 寝る前に大きめの薪を入れて 空気を絞ると、朝には すっかり燃えきって 灰になる。

ストーブの前に 新聞紙を広げて 灰を掻き出し、使った新聞紙は丸めて ストーブに入れて焚き付けに。

 

灰は 古い蒸し器に入れておくと 蓋がしっかりしていて 具合良し。

灰に余熱があるといけないので 充分に冷ましてから 畑に撒きます。

この灰のおかげで 野菜が良くできることでしょう、 きっと。

 

* 見ていて楽しい

ガラス窓から 覗いて『 次はどんな薪を どこに入れようか?』

っと考えるのが楽しい。

ストーブの表面温度、室温、寝るまでの時間、薪の大きさ、

樹種と乾燥度、空気孔の開閉 、、、

最適な状態になったときの満足感といったら、もうたまりません!

 

薪ストーブは 使ってみて楽しいものですが、施工時には 炉台や煙突について あれこれ悩むこともありました。

私もそうでしたが ログハウス建設の動機のひとつとして、薪ストーブが挙げられると思います。

何せ楽しいものですから!

キートスHPをご覧の皆さんには 是非とも 「安全第一」で お楽しみ頂きたいと思います。

 


[ ログハウス徒然草 16.03.01 ]     Kiitos Log House