ログハウスの「外付け玄関」

ログハウスの「外付け」シリーズ。今回は 玄関について。

 

厨房やバスルームをログハウス背面に「外付け」として建築することについて 説明してきましたが、

玄関部分を ログハウス本体から外に出すオーナーさんもいらっしゃいます。

 

下の写真は ログハウスの屋根を中折れにして 側面にテラスを追加、一部を玄関として在来工法で増設した例です。

玄関の外にも屋根がかかるので、積雪のある地域では冬の出入りに とても便利だと思います。

 

 

このログハウスでは ロフトの下部に

数段のログ積み増しを していますが、

ログの積み増しをすることで

ロフトの居住性が良くなるだけでなく

玄関部分の天井高も 確保しています。

ここは 積雪が多い地域なので屋根からの自然落雪を考慮して

玄関屋根も勾配は多めにしていますが、雪が少ない所なら もっと緩めでも OKです。

 

雪の降らない地域なら 小さな外付け玄関を 左写真のように

設置するのも 良いでしょう。

 

玄関部分を外付けにすることで ログハウス1階には

ゆったりとした広いリビングが 確保できます。

 

また、玄関部分とリビングを 壁やドアで 簡単に仕切れるのも

外付け玄関の良いところです。

 

ログハウス本体を 少しでも広く使いたい方は ぜひ 「外付け」 も検討してみてください。

外付けの部材もログハウスと一緒にフィンランドに依頼すれば、セトリング金物なども付いてくるので 施工はラクです。

 


[ ログハウス徒然草 16.02.24 ]     Kiitos Log House