宮城県にログハウスキット納品に出かけてきました。

先週の土曜日(12/13)、宮城県石巻市で ログハウス部材キットの納品がありました。

荷降ろし作業をする場所は 石巻港近くの空き地です。

 

見渡す限り平らな地で 絶好の荷降ろし場所でしたが、

それもそのはずで、 この付近は 2011年3月の東日本大震災の津波を 直接受けたエリアです。

4年前は 倉庫や住宅、店などでにぎやかな場所でしたが、今は 全壊や半壊の建物も 瓦礫も すべて撤去され、

まだ手つかずで 見渡す限りの平原になっていました。

古いカーナビで 荷降ろし地に向かったので、 コンビニや工場などと カーナビには表示されるのに 現況は原っぱ

という 不思議な光景が 広がっていました。

 

オーナーさんの住宅は かろうじて津波の被害を 逃れたそうですが、

いろいろ考えて 自宅の裏山に (自宅より数メートル高い所)に 『離れ』 兼 『別荘』 & 『万一の避難所』 として

ログハウスをセルフビルドすることを 決断されたそうです。

ご自宅からの通り道は狭く、建築地には 部材を置く場所がなく、 車や重機も入れません。

かなり離れた場所に 部材置場を確保して、ログ材一本一本を担いで崖を登り セルフビルドする覚悟のようです。

時間もかかるでしょうが 「のんびりやりますよ。」 と セルフビルドを 楽しみにされている様子でした。

 

荷降ろし作業は 大勢の応援隊と 広いスペースのおかげで 順調に終わりました。

冬の重労働は かなり体に負担がかかります。 無理をしないで、ログハウスのセルフビルドを 楽しんでください。

 


 [ ログハウス徒然草 14.12.15 ] Kitos Log House