今朝のサプライズはセルフビルダーさんご夫妻の訪問。

「ログハウスをセルフビルドされたのは何年前?」  「12~3年になるかな・・・」

今朝 キートスの事務所にいらっしゃったご夫妻と そんな会話をしていたのですが、

今資料を見たら ログハウスキットを納品したのが 1999年6月なので、 15年前のことでした。

当時は 『ログハウス』 も 『セルフビルド』 もポピュラーではなかったし、

まだ インターネットで情報を得るという時代ではありませんから、

この頃のキートスのセルフビルダーさんたちは ある意味 『ツワモノ』 が多かったです。

 

そのツワモノセルフビルダーさんご夫妻が 娘さんご夫婦と一緒に 事務所にいらっしゃったのです。

先週 娘さんのご主人から電話をいただいて 薪ストーブの件で来社されるお約束はいただいておりましたが、

セルフビルダーであるご両親も一緒とは想像していなかったので、 本当にうれしい サプライズでした。

(ご夫妻に新潟行きをお誘いになられた娘さんのご主人、ありがとうございました!)

 

キートスの施工サポート隊は ご夫妻にお会いしたことがありますが、実は 私(K)は今回が初めてです。

「初めてなんだけれど そんな気がしないね。いつも 電話でよく話しているからねぇ。」

と ご夫妻も笑顔でおっしゃってくださり、すぐに旧知の仲のように いろいろな話で盛り上がりました。

 

ご主人がご自宅用に焼くパンは絶品で、 この前いただいたパンがあまりにもおいしかったので

材料などをお聞きすると、 快くレシピを 書いてくださいました。 本当にありがとうございます。

 

さて、本日の目的は 薪ストーブの引き取りです。

ストーブは ヨツールのF400。

ご夫妻のログハウスでは すでに

フィンランドの薪ストーブを使っていらっしゃるので

今回は 娘さんの家用です。

 

このストーブ F400の重量は 170kg。

車への積み込みや設置時の移動などは結構大変なのですが、

今日は男性4人だったので 比較的ラクだったようです。

 

煙突取り付けと 薪ストーブの設置は 多分 地元の工務店が協力されるようですが、

茨城県のご自宅では 2階にストーブを置くとのことで、 運び上げるのも大変そうです。

高価なストープですから、  落とさないように気をつけて 作業をしてもらってくださいね。

 


 [ ログハウス徒然草 14.12.08 ] Kitos Log House