震災の地、福島県でセルフビルド作業開始です。

2011年3月の東日本大震災で 津波の被害にあわれた方のセルフビルドが 始まりました。

移転先の造成作業が遅れ、 その後の基礎工事も人手不足の影響で かなり遅れ、

この度 やっとログハウスのセルフビルドにとりかかれました。

 

「22日(月)は 仕事の休みをとって、 一人でも作業をしたい」 とのことでしたので、

指導とお手伝いを兼ねて 一日ボランティアに行って来ました。

この日を祝うように 晴れ渡った青空、 作業初日としては 最高のコンディションです。

 

挨拶もそこそこに、 まずは 土台材の設置から。

 

基礎に合わせて刻んだ土台材に アンカーボルトの穴を開けますが、

以前に 少しだけ大工仕事の経験がある ということで

ドリルを使ったりするのも 躊躇なく スムーズに進んでいました。

今後の作業にも 大工仕事の経験が十分生かされること間違いなしですね。

 

土台の施工は 一日では終わらなかったので、土台、大引き&床根太、仮床、ログ1段目・・・など

今後の作業の進め方、手順などの説明をさせていただき、セルフビルド初日の作業は終了。

 

今は仮設住宅での暮らし ということで、

「早くこのログハウスを完成させたい」 という気持ちがあるようですが、

怪我にはくれぐれも気をつけて 作業を進めてください。

 

この日は お父様も来られ、作業の手伝いをされていました。

親子2人でのセルフビルド、応援しています。

 


 [ ログハウス徒然草 14.09.24 ] Kitos Log House