8帖一間のログハウスのはずが・・・

 

もう 10年以上 前の話ですが、 ある日 新潟県内にお住まいの男性が キートスのオフィスにいらっしゃいました。

「 自宅の建替えを計画しているが、一部 自分用の部屋だけは 8帖程度の ログハウスを建てたい・・・」 と。

その他の住宅部分は 在来工法の日本建築庄屋造り (そんな言葉は無いかも知れないけど)

ともかく 12畳の2間続きの 集会場のような和室、 雪見障子と鶴亀の欄間、

四畳半の仏間、 床の間、 大きな縁側 など の平屋100坪のご自宅に

ご主人用の書斎としてのログハウスを どのように建築して スムーズにつなげて仕上げるか が質問の内容でした。

ああでもない こうでもないと 打ち合わせをしている時に、 軽い気持ちで

「 いっそ全部 ログハウスにしたら!」 と、言った途端 、「 いくら位かかるの?」 と 意外な展開に・・・・・・

計画している全ての図面を預り、 頭をかかえました。

床の間や仏間、 飾り天井、 障子や襖とログハウスとの関係やセトリング対策をどうすれば・・・

そして それよりもご主人さんが描いている 昔ながらの田舎作りの和風平屋住宅を

丸ログのログハウスで 再現できるのだろうか?

奥から 萬屋金之助や 里見光太郎が 出てきてもおかしくないイメージに 仕上がるのだろうか?

ともかく 膨大な量のログ材が必要になるだろうし、 フィンランドとの打ち合わせでも 仏間や床の間や里見光太郎を

Faxだけで説明することは難しいので、 すぐフィンランドに 出かけました。

写真や雑誌を見せて説明し、 日本建築の図面を ログハウス工法の建築図面に落とし直しの作業などを経て

キット価格の算定と 建築イメージを構築して 帰国し、 ご主人に 恐る恐る建築費見積書を 差し出したところ

「 こんなでできんの?」 と あっさり 全てをログハウスで建築することが 決まってしまいました。

でも その後も そんなにトントン拍子だったわけではなく いろいろな紆余曲折がありました。

ともかく 40フィート×4本と 20フィート×1本の 合計5本のコンテナが 3ヵ月後に到着しました。

仏間や床の間、 その他のおさめ方が確定していなかったので、 フィンランド工場から一人の技術者を派遣してもらい

日本の大工さんの棟梁達と 共同作業が始まりました。

新潟の夏、特にその年は35゜Cとか37゜Cとかの 暑い夏で 私達は 汗だくでしたが、

フィンランド人は いくら暑くても汗が出ないようで 余計辛そうでした。

意外にも 日本の棟梁さんとフィンランド技術者とのコラボは 素晴らしく、

不思議な言語で 当人同士しか理解不能な言語を駆使しながら 次々と いろいろな難問を解決して

ログハウス建築は進んでいきました。

みんなで 「やかん」の氷入り麦茶を  口をつけての回し飲みをしながら 作業を続け

1ヶ月くらいで ログ組みを完了させました。

(余談ですが、建築中に すぐ脇を走る道路で2 度追突事故が起きました。 ログ建築現場をわき見しての事故です。)

完成半ばでしたが 基本作業が終了し、そのフィンランド人が帰国する時は 「新潟版ウルルン滞在記」 さながらで

フィンランド人技術者は 「私のlife(人生)で こんなに楽しく and  充実して and 刺激的でand 感動的な数週間は

never (二度とない)でしょう。 You達に meet(出会えて) 本当に happy(幸せ)でした。

この数週間で 私は 本当に多くのことを can stady (学習できた)し、本当の Japan(日本)

and 本当のやさしくて実直な Japanese(日本人)を understand very much (大変理解)できました。

Thank you !」 と 棟梁と両手で握手し、 涙を流しながら話し、

棟梁も 「ほんだわね。(ほんとうです) おらも ほんね おもっしぇかったえね。(わたしも本当に楽しかったよ)

ろんぐはうすを はじめてこしょたけど、 これも ひんで いいもんだてがんが ようわかったてば

( ログハウスを初めて建てたけど、これも大変良いものだということが 良く分かったよ)

おらも おめさんに会って、 いっぺん フィンランド いぎとなったてば

(私もあなたに会って フィンランドに 一度行ってみたいと思っています)

来年には できてっすけ、 おめさん 来年また 見にきなせや (来年には完成しているので 来年もぜひ見に来てください)」

フィンランド人技術者 「私は promise(約束します)。 必ず来年 また来ます。」 (全体がルー大芝みたいですが)

180cm以上あるフィンランド人技術者と 160cmそこそこの初老の棟梁が、

建築途中のログハウスの前で だらだらと涙を流し 両手を握り締めながら 別れを惜しんで立っている姿は

ご主人とその家族、 大工のスタッフ達、 私達の皆が もらい泣きしました。

そんなこんなで、 旅行カバンに 買い占めた「インスタント麦茶のもと」をパンパンに詰め込み

50足くらいの5本指靴下(ゆび軍足ー始めて見たそうで 非常に気に入ってました)と、

本当に苦労して探し回ってやっと 買った29cmの 「地下足袋」を下げて フィンランドに帰っていきました。

その後は、非常に多くのことを学習した大工の棟梁が 庄屋造りの大きくて立派なログハウスを 見事に完成させました。

またいつか この時のエピソードを書くことにして、今回はここまで!!

丸ログの住宅

追伸1、
翌年 あのフィンランド人技術者は 約束どおり完成したログハウスを訪問し、新潟のはずれで仕事をしていた棟梁の建築現場にも訪れ、再会を果たしました。めでたしめでたし・・

追伸2、
巨大なログハウスの塗装工事は 「面白そうなので、塗装は自分でするよ」と オーナーご夫婦で行いました。 思ったよりやっかいだったようで、今でも 「ひどい目にあったよ」と言われますが、このログハウスを大変 気に入ってくれています。

追伸3、
立派で 芸術的な 和風ログハウスが完成しましたが、やはり里見光太郎は無理がありそうです。 高倉健なら なんとかマッチしそうですが。

 [  ログハウス徒然草 10.04.13 ]