ログハウスキットを嫁に出した親の心境?

キートスログハウスのユーザーさんは全国にいらっしゃいますが、 荷降ろしや施工サポートなどに出かけた際

たまたま近くに キートスのオーナーさんが建てられたログハウスがあると ついでに立ち寄ることがあります。

セルフビルドされている方のなかには 「ログハウスの完成」 という区切りをつけないまま ログハウス暮らしを始め、

庭造りやウッドクラフトに没頭されて ログハウスの周りがいつまでたっても 片付かないというケースもあります。

せっかくログハウスが立派に完成しているのに 周囲に使いかけの板材が散乱していては 素敵な雰囲気も半減・・・。

でも なかには 「ログハウス完成」という区切りを一度つけ、 余り材なども きれいに片付けて

素敵なログハウス暮らしをしながら ウッドクラフトを楽しまれている方もいらっしゃいます。

そういうセルフビルダーさんのログハウスをお訪ねすると 随所にオーナーさんのこだわりを感じて とてもうれしいです。

私たちは よく言ってるのですが、

「ログハウスが 大切にされているか」

「オーナーさんから かわいがってもらっているか」

ということが とっても気になります。

かわいい娘を 嫁に出した 親の心境ですね。

だから、 訪れたログハウスに 手作りのかわいい小物が

飾ってあったりすると、 なぜかほっとして しあわせ気分です。

[ ログハウス徒然草 12.03.05 ]      Kiitos Log House