コンテナの海上輸送管理の難しさ

 

 

最近 船の便数が減ったためか、 ログハウスキットがフィンランド工場を出荷してから 日本の港に到着するまでの日数が

以前より 半月以上余計にかかっています。

基礎工事も完了して 今か今かと待っていらっしゃるオーナーさんたちには 本当に申し訳なく思っています。

でも この海上輸送だけは 私達にも手が出ないところで、

ただひたすら 少しでも早く 船が無事日本に到着することを祈るばかりです。

フィンランド工場側でも しっかりスケジュール管理して出荷したログハウスキットが

予定より随分遅れて届いたことで 日本のオーナーさんたちに迷惑をかけるのはよくない・・・ということで

コンテナ手配&輸送管理の専属として 新しいスタッフ J さん が入りました。

新スタッフといっても 日本の会社のように 何もわからない新人さんというのではなく

彼は入社するとすぐに 複数の輸送会社と交渉したり

少しでも早く日本に到着する便を探してくれたりと 精力的に仕事をしています。

それでも 輸送会社から届く到着予定日が そもそも日本ではなく

シンガポールだったり 中国だったり 韓国だったり・・・

どうやら 遠い北欧の人々にとったら 日本も 中国も 韓国も みんな同じアジアの国で 区別がつかないのかもしれません。

いくら フィンランド工場の新スタッフ J さんが頑張っても 海上輸送スケジュールを管理するのは 難しそうです。

[ ログハウス徒然草 12.03.23 ]      Kiitos Log House