雪のない地域でのログハウス作業

 

先週 ログハウス部材キットを納品した 長野県の現場

荷降ろし作業に引き続き 土台敷き&シルログ、1階床根太作業も キートスで請けました。

相変わらず 朝は 氷点下8度、 確かに 非常に寒いのですが

横なぐりで 雨まじりの雪の中で 作業することに慣れている(?)新潟のスタッフにとって

寒いけど 快晴で雪の無い現場作業は、 鼻歌が出るくらい 快調に仕事ができます。

晴天率が高い地方ではこの冬晴れ時期のログハウス建築は

ログ材や板材がカビや湿気で痛むことも無く、セルフビルドに最適な時期と言えるでしょう。

そんなこんなで 順調に作業が進み 予定通りに作業が進みました。

最終日に お客さん(ご夫婦)が 視察と今後のセルフビルドに関する疑問解消のため

現地に駆けつけて来られたので、 少し一緒に 2段目のログ組み作業も行いました。

これからご夫婦で セルフビルドを開始します。

この時期の この地方は セルフビルドに最適・・・ とは言っても ともかく 気温が低いです。

足腰に余計な負担がかかったり、 体が硬くなって 事故も起きやすくなります。

急がず 怪我の無いように 「ほどほど」に 頑張ってください。

しかし、 新潟から見たら雪の降らない(少ない)地方はほんとうにうらやましい・・・・・・

[ ログハウス徒然草 11.01.24 ]      Kiitos Log House