離れとしてのログハウス(北海道)

 

「1月6日から 母が住居として 使っています。

 朝晩は薪ストーブ、 夜中は 温風ストーブ、 昔の人は さすが 薪を焚くのが 上手です。」

お手紙とログハウス写真を 送ってくださったのは

冬の間 同居されるお母さまのために

ログの離れを建てられた 北海道のオーナーさん。

昨年の9月後半に ログハウス部材キットを納入、

施工は 地元の工務店さんに 依頼されました。

確認申請など その工務店さんの作業は

ちょっと のんびりペースで

「この冬に間に合うのかな」と 心配もしましたが

”やる時は、やる” というのが 北海道人でしょうか、

ちゃんと 間に合ったようで よかったです。

工務店さんに 自分たちの希望を どうやって伝えたらいいのか・・・などの相談も受けましたが、

オーナーさんご夫妻の決心と頑張りによって 満足いくログハウスが 完成したようですね。

 

「3月末には 退職しますので 今から 庭造りを楽しみにしているところです。

 いろいろなアドバイス、 敏速な対応を 本当にありがとうございました。」

 

と お手紙の最後は うれしい言葉で 締めくくられていました。

こちらこそ、 ありがとうございました。 これからも ログハウスを かわいがってくださいね~♪

 

[ ログハウス徒然草 11.01.18 ]      Kiitos Log House