タッカー

タッカー

このタッカーは 断熱材や壁の防水・透湿シート・屋根の防水紙などを

針(ステープル)で固定するもので、 建築現場用ホッチキスともいえる道具です。

takka.jpg

ただし、 紙などを綴じる事務用ホチキスと違い

壁や板に直接針を打ちつけるため、 針を受ける部分がないので針が出てくる部分に

手や指を置かないように 注意しましょう。

 

このタッカー、 上の写真のような手で握って 針を出す方式のハンドタッカーと

叩きつけて 針を出すハンマー式がありますが

ログハウスの建築では 手で握って針を出すハンドタッカーが いろんな場面で使いやすいでしょう。

takka2.jpg

特に ログ積み作業においては ログを1段1段積む毎に

ログ間断熱材というものを 挟み込んで行きます。

そのログ間断熱材がずれないように 固定するために必要な道具が この「タッカー」なのです。

 

本体の耐久性などにより 500円程度~プロ仕様の7000円位までの物がありますが

ログハウスを1軒セルフビルドするだけなら そんなに高いものでなくても良いでしょう。

ただし、機種により 適合するステープルのサイズが異なりますので

替え針を購入する際は 注意が必要です。

[ 道具紹介のトップページに戻る ]

ログハウスのキートス