雪の重みで沈んだNの愛艇を救出・・・

 

 

 

キートスのNは「釣り」が趣味で 以前は渓流や湖に行ってましたが、

中古ボートを手に入れてからは もっぱら海釣りを楽しんでいます。

 

当初は 週末の夜、しかも夕食を終えた頃に 小さなアジが

家に大量に届くことがあり、とうとう 友人たちから

「50cm未満の魚は受け取り拒否」 と言われたりしましたが、

最近は ボートでの海釣りも定着し、

雑魚は追わずに 大物狙いで 楽しんでいるようです。(多分・・・) 

 

 

 

 

そんなNの愛艇が大雪の日に 雪の重みで転覆、

Nの艇だけでなく 近くで係留されていた船の多くが

同様の状態になったそうです。

( 写真は近くで転覆した船 )

 

ボート屋さんに救出応援を依頼しましたが、

転覆した船があまり多くて 手が回らないようです。

 

 

 

 

 

業者さんが来るのを待ちきれないN、

とうとう 昨日 キートスのスタッフと一緒に

 ボートのある川へ・・・

 

道から ユニックのアームを伸ばして船を支え、

溜まった水をポンプでかきだし(この作業はN一人で)

なんとか 愛艇を救出!! 

 

今朝も 事務所に来る前に見に行ったら

無事に ちゃんと浮かんでいたそうです。

 

 

 

でも、船は茶色く泥まみれになり、操舵席(イス)や 魚保管庫の蓋など 多くの備品は流出し、

もちろん エンジンは水に浸かっていたので そのままでは使えず、、、

さて、以前のように 青い海の上を快走する日は いつやって来るのでしょうか。

 

どうせ冬の日本海は荒れて 釣に出かけられないし、まぁ、いいっか・・・笑 

 

 


[ ログハウスで自然暮らし 18.01.23 ]     Kiitos Log House