ログハウス周辺の山にも春の訪れ・・・

 

 

九州のセルフビルダーさんから届いた春便りを今日はご紹介しましょう。

 

------------------------------------ 

 

4月11~12日、1か月あまりぶりに ログハウスに行ってきました。

 

朝早く 山道を散歩し、谷川や辺りの山の変化を 楽しみました。

山も川もそこかしこ 春の息吹にあふれ、草や木の喜びの声が 聞こえてきそうです。 

 

 道端の崖からカラコロと湧き出る清水の音に近寄れば、

グアッグアッという聞きなれぬ音。

 

何の音だろうか、

犬の鳴き声かと 耳を澄まし、首をかしげます。

 

どうも 湧き水の出ている岩の割れ目に

かぶさる枯れ葉と小枝のどこかかららしい。

 

ああ、カエルの鳴き声だ。

 

そばには 赤いサワガニが 元気に足を動かしています。

 

 

 

 

いつもは行かない山手の道も 上ってみました。

向かいの山の頂に 淡いピンクの桜がこんもりと鮮やかです。

 

「あれ はソメイヨシノ?」と 妻が聞きます。

 

「あんな山の上に ソメイヨシノを植えやしないだろう。

  ヤマザクラだ。」と 私。

 

「でも、この時期 葉っぱもなく花が咲くのは

  ソメイヨシノじゃないの」と 食い下がる妻。

 

「ありえない。」と 根拠もなく言い張る私。

 

たわいない会話をしながらの散歩です。

 

 

午後、近所の人が蕨をたくさん持ってきてくれました。

ああ、そんな季節なんだと 都会暮らしではわからない春の訪れを感じた次第です。

 

 


[ ログハウスで自然暮らし 17.04.18 ]     Kiitos Log House