そろそろ薪ストーブが活躍する時期

 

9月は いつまでも夏のように暑い日が多かったので ちょっと油断していたら、

10月に入って急に寒い日が増え、 今朝の最低気温は一桁、お昼頃になっても キートスの事務所内は 気温が15度。

とうとう ストーブのお世話になることにしました ・・・ と言っても 薪ストーブではありませんが。

 

キートスのスタッフは 各々自宅では 薪ストーブを使っていますが、事務所では 灯油ストーブ、

薪をくべたりする手間がなくて 簡単ですから。

それに 寒かったり暖かかったり 、、、という時期は、ON・OFF が簡単なファンヒーターなどが便利です。

  

 

でも 時間がとれる休日には 薪ストーブを焚いて

揺れる炎を眺めて過ごすのも 素敵です。

 

不思議なことに 薪ストーブを使っていると

部屋の時間がゆっくり流れているような気がします。

「ログハウスには」薪ストーブ」 

と多くのログユーザーさんが

薪ストーブを設置されるのも 頷けます。

 

化石燃料を使わないので エコだし・・・

 

 

でも そのゆったり流れる時間を得るためには ハードワークも必要になります。

 

それは 薪の確保。 お金を出せば カットした薪の調達は簡単ですが、

少しでも暖房費を抑えようと思ったら、伐採木を集めたり 薪割りしたり・・・と なかなか大変。

 

 

 

まぁ、ログハウス一軒を

自分たちの手で セルフビルドしてしまう

キートスのオーナーさんたちなら、

きっと 薪確保も 遊びの一つとして

楽しみながら されていることでしょう。

 

ケガのないように・・・

 

 


[ ログハウスで自然暮らし 16.10.14 ]     Kiitos Log House