毛嫌いしていた生き物も同じ自然界の仲間

 

ログハウスで 田舎暮らしをしていると 「野生動物に出会う」 、、、と言うか

「野生動物の方から会いに来てくれる」 ということが 時々あります。

 

かわいいウサギ&リス、 どことなくのんびりしているタヌキ、おっとりした感じのカモシカ ・・・

そんな話をすれば 動物好きの方、 特に女性の方々からは 羨ましがられます。

でも、厄介者のイメージがあるネズミの話になると 眉をひそめたり 嫌な顔をされることが少なくありません。

 

 

 

 

先日 キートスのfacebookで紹介した

この小さな動物も きっと

嫌われ者のイメージではないでしょうか。

 

コウモリ ・・・

 

吸血鬼(バンパイヤー)と一緒に

イラストで描かれていたりするせいか

なぜか 悪者のイメージですよね。

 

 

 

 

 

都会にも多く生息していて、 夜にスーパー等の外灯近くで集まってくる虫を捕まえるために

飛美周っているコウモリを見かけることもあります。

多くの虫を捕まえて食べてくれる 人間とってはありがたい動物なのかもしれません。

でも 実際に すぐ近くでその姿を眺める機会は ほとんどありませんね。

 

そのコウモリが ログハウスを訪れてくれたのですから この際 ゆっくりご対面 ・・・

 

 

 

 

小さなネズミぐらいの体は

濃い茶色のフサフサした毛に覆われています。

 

この時は 脚の爪でネットにぶらさがって

寝ていました。

 

こちらの気配を感じて 耳をピクピクさせたり

ちょっとだけ目を開けたりする その姿は

とても愛らしい感じの生き物です。

(日本では保護動物で 勝手に飼うことはできません)

 

 

 

以前 ログハウスの中に 森のネズミが入ってきた時も思いましたが、

都会で暮らしていて 周囲から入る情報により 何となく「嫌い」 と感じている生き物も 実際に近くで じっくり眺めてみれば

今までと違った視点で その生き物を見れるようになり、愛らしくさえ感じるようになるものです。

 

コウモリ、 ネズミ、 ヘビ、、、、 毛嫌いしていた動物が 少しずつ 「同じ自然界の仲間」と思えるようになる

心豊かな「ログハウスでの田舎暮らし」です。

 

※でも、彼らと ログハウスでの同居にならないように 気をつけてくださいね。 

 

 


[ ログハウスで自然暮らし 16.08.31 ]     Kiitos Log House