冬が終わったら本格的な薪確保のスタート

 

先週末は寒い所が多かったようですが、 それでも3月半ば、あちらこちらから花の便りも届くようになりました。

今までは 薪ストーブの前でティータイムをしたり 読書をしたり、、、と ログハウス内で休日を過ごされていた方も

これからは アウトドアや家庭菜園など いろいろ忙しくなりそうです。

 

忙しいといえば、ゆったり薪ストーブライフを 来年の冬も楽しめるように、薪に関する作業は春からも続きますね。

先日、キートスの田舎暮らしコーナーでご紹介した北海道のセルフビルダーさん

「薪ストーブを購入してから 暖房費ゼロ」 とおっしゃっていましたが、多分そのための努力も日頃からされているでしょう。

 

 

 

愛知県のセルフビルダーさん宅では

いつもは 持ち山から 調達されていますが

今回は 知人から 大量にいただいたそうです。

 

これだけあれば しばらくは 大丈夫ですね。 

 

 

 

 

 他のセルフビルダーさんたちも 普段から

地元の大工さんや造園業者に お願いしたり

森林整備に参加して 伐採した木を

労働の対価としていただいたり

薪に関する情報網を広げていらっしゃいます。

 

でも、薪の確保だけでなく、薪割り作業も それなりに大変です。

 

若くて 体力のあるうちは できるだけ労働によって 安く薪を確保し、

ある程度の年齢になったり 体力の衰えを感じたら

考え方を切り替えて カットされた薪を購入したり

薪ストーブを使う頻度を落としたりする(イベント用と割り切る)のも 大切なことだと思います。

 

 


[ ログハウスで自然暮らし 16.03.14 ]     Kiitos Log House