感動のスペシャルオリンピックス・新潟大会!

 

先週末(2/12~14)、『 スペシャルオリンピックス ・ 新潟大会 』 が開催されました。

 

わが家(キートスのN)は 開会式からアルペン競技の予選、決勝と 3日間フルに ボランテア&応援として参加しました。

新潟大会は 北海道から九州まで 618名の選手が参加します。 

 

わが家のH君も、今回は 五日町スキー場での

ジャイアントスラローム 上級クラスに参加。

 

H君は スペシャルオリンピックスの大会には

できる限り参加し、その都度家族で 山形、大阪、

福岡など 全国に応援に 出かけています。

 

今年は雪不足で 一時は開催を危ぶまれていましたが、

地元の方々や自衛隊の雪運び、 そして 直前の降雪で

無事 競技は運営されました。

 

本当に多くの方々の多大な協力がなければ

大会を開催することはできません。

 

毎回 心から感謝し、いろいろな場面で 感動しています。

当日も 地元の「おもてなしコーナー」では 無料で トン汁、甘酒、餅つき実演付のつきたての餅がふるまわれたりと

五日町の人たちにも感謝です。

 

地元の中学校からも 大勢のボランテアが参加してくれて、選手一人一人に可愛いサポーターがついて

円滑に競技が進行するよう 頑張ってくれていました。

 

さて、H君の参加する 「ジャイアンントスラローム・上級コース」は 急斜面で、

私でもかなりの集中力と技術を必要とするコースです。

(「あんたはそんなにうまいのかい?」と言う、当然の突っ込みが聞こえてきますが)

 

おまけに 決勝の14日は 小雨と霧に覆われて 旗門が見えづらい状況の中で、選手たちは頑張っていました。

 

 

そんな中で、わが家のH君は めでたく 銀メダルを獲得しました。

(参加選手を なるべく実力の拮抗したいくつかのグループに分けて、

誰にでも 優勝のチャンスがあるように 競技運営されています。

だから 20数名参加の上級部門でも 金メダルは4~5人貰えます)

 

本人は 金メダルでも 8位でも 一切気にしてませんが、

大会のための合宿練習も 大会期間の3日間のお泊りも

本当に楽しかったようです。

 

 

この大会は 上位入賞者には、オーストリアで開催される 世界大会の出場資格も与えられるそうです。

(もし選ばれても、多分H君は 飛行機が苦手なので 辞退することになるでしょう。 選ばれたら・・・の話ですが)

 

ともかく、わが家にとっても一大イベントが終了しました。

 

 

写真は 地元五日町の小学校の生徒さんで

ゴール脇で 「 頑張れ~。頑張れ~ 」 と

声を出し続ける 応援隊として

参加してくれた 子供達です。

 

終始大声で 叫び続けていました。

ありがとうネ。

 

 

 


[ ログハウスで自然暮らし 16.02.15 ]     Kiitos Log House